まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

Kochi Marathon Runner Takemaru Yamasaki Official Blog まるランニングクラブ代表 Marathon 2:18:59(2019)/Half 67:02(2020)/5000m 14:48.22(2019)

デイリートレーニングの相棒、GT-1000 9 レビュー【シンプル・イズ・ベスト】

今回は日々のジョグシューズとして愛用しているGT-1000を紹介します。

 

アシックスの中でも長く続いている定番のシリーズ、ぼくにとっては一番練習で使っているお気に入りの靴と言っても過言ではありません。

 

 

f:id:takemaru-yamasaki:20200729212203j:image

 

 

安心の履き心地と価格

GT-1000の良い所はしっかりクッションや安定性のあるジョグシューズでありながら、余分な機能がついてないシンプルな靴である事です。

 

兄弟シューズ(?)とも言えるGT-2000ニューヨークも履くのですが、こちらはもう少し色々なサポートがありガッチリした履き心地があります。
ぼくは余分な機能を削いだGT-1000シリーズの、足をしっかり守りつつもジョギングの心地良さを邪魔しない使用感がとても好きです。


最近はより様々な機能がついたハイテクシューズが増えてきている印象ですが、クッションや弾むような要素が効きすぎていたり、フォームを理想の形に矯正を促すような仕組みになっているものは、競技歴が長いぼくにはうっとおしく感じてしまう事もあります(しっかり疲労を回復したい時等、役に立つ場面もありますが)

 

ぼくは300g程度で、ジョグは快適にできるけど、少しスピードを上げるとしんどいくらい”適度な重さ“を感じるシューズで大部分の走行距離を積むのがマラソンに必要な脚力強化にも繋がると信じています。

 

踵周りのフィット感もGT-1000はGT-2000他同カテゴリーのジョグシューズと比べて非常に良く感じます。

 

もう一つの魅力は、値段がリーズナブルな事で、値段は大体7000〜8000円前後、前のバージョンは5000円前後で購入できる事が多いです。

やはりジョグシューズは一番消耗するものなので、多めに買って、日ごとに履き分けたりするとよりフレッシュな感覚で使えます。

 

欠点としては、安いゆえに素材の耐久性があまり無いのか、もう少しゴツく沢山機能がついたジョグシューズと比べると、ソールの感覚が”スカスカ“に感じるのが早いような気はします。つい使いこんでしまいがちですが、ソールがしっかり削れたら交換するのがオススメです。

 

 

9代目の特徴


シリーズがモデルチェンジもそれなりにしており、最新の9代目では踵部のゲルが強調された感じになり、持ち味のシンプルな履き心地をジャマしない程度に、気持ち良い柔らかさが感じられるようになりました。

f:id:takemaru-yamasaki:20200730160938j:image

内側はDUOMAXで固められており、扁平足かつ、X脚というほどでないものの足の内側に負担のかかりやすいぼくの足や走り方に適した構造。
裏側のソールは接地すると少しブニョっとした弾力性の感じられる素材になっています。

 

 

まとめ

 
レビュー点数…9(最新作の9代目)

 

用途…ジョギング(ぼくの場合は4:30〜5:00/km)

 

最近はジョギング用の靴も色んな面白いものが出ていますが、やはりぼくはこのGT-1000が安心できる一番の相棒です。

これを履いて外に出て、自分の一番気持ち良いペースでジョギングをすると、走る楽しみの原点を思い出させてくれます。

プラス、9代目は今まで履いた中でもフィット感、安定性、程よい柔らかさの踵部ゲルと、非常にバランスが良く好印象です。

 

ここ数年はほとんど大きな故障はしていませんが、毎日の練習を支えてくれるGT-1000がぼくの健康に大いに貢献してくれている事は間違いないでしょう。

これからもお世話になります。

 

▷GT-1000 9

 

www.takemarun.com