まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます

(練習日記6/19-25)ゴールドコーストマラソンまで、あと1週間。

月AM20 PM6

AM400m×12

水AM20 PM8

木AM20 PM8

AM1.5km×5

土PM4 まるRCランニング講座

AM26km(4:00/km)+200m×3

T160km・11s

体重62.2kg


カラっとした過ごしやすい6月から、さすがに雨の日も増えてジメジメ蒸し暑くなってきましたが、予定どおりスピード練習を2回入れ、日曜にロング走もできました。

好調をキープできているように感じています。


これで今シーズンのトレーニングはほぼ終わり、あとは調整とレースのみです。

 

ゴールドコーストマラソンまで、あと1週間。


・インスタ日記

https://www.instagram.com/p/BVjYYEylkR5/

TODAY WORKOUT‥‥400m×12(69-73"±rest55-60") 蒸し暑くなってきた💦HISから旅行ガイド等が届きました!#インターバル #ゴールドコーストマラソンまであと12日 #火曜はまるランステ日 #gcam17

 

https://www.instagram.com/p/BVqsxlLl2gd/

Last Interval Workout‥‥1.5km×5(4:45±・rest500m2:00)ave3:23/km愛媛前とほぼ同じ内容でした。ゴールドコーストマラソンまであと9日!#ゴールドコーストマラソン #gcam17 #高知 #東部総合運動場

 

https://www.instagram.com/p/BVtLmy8lDkr/

[https://www.instagram.com/p/BVtLmy8lDkr/:title=[マラソン前の儀式]大事なマラソンの前、練習も落ち着いてきたら、必要な補給アイテムと、100円ショップでボトル用の容器を買いに行きます。個人用のスペシャルドリンクが置ける大会は限られていますが、ゴールドコーストマラソンは2時間45分(女子3時間15分)を切っているランナーはスペシャルドリンクを設置する事が出来ます。#gcam17 #ゴールドコーストマラソン#スペシャルドリンク #musashi #リプレニッシュ #パワージェル]

 

https://www.instagram.com/p/BVwoFRNlQS-/

2 Speed SessionSunday Long Run(26km+α)+Pizza🍕+Pool&Spa♨️Total・160km=💯Week❤️ ぼくの今シーズンのトレーニングはほぼ全て終了しました。あとは調整とレースのみです。ゴールドコーストマラソンまで、あと1週間。#ロング走 #ながおか温泉 #ゴールドコーストマラソン #gcam17

まるランニングクラブ2017年度の活動予定[随時更新]

 まるランニングクラブの2017年度の活動予定を更新していきます。

各種練習会の説明も載せています。

f:id:takemaru-yamasaki:20161203135055j:plain

 

 

今後の練習会予定

 

・6月

2日(金)まるトラックナイト

4日(日)7:00まるランステ朝ラン・金太郎スポーツクラブ集合

18日(日)7:00まるランステ朝ラン・金太郎スポーツクラブ集合[練習後は西島園芸団地いちごフィナーレに直行‼]

24日(土)16:00市営[ランニング講座]まるRC上半期反省会[&フォーム作り練習会]

 
・7月
6/29~7/4まるRCゴールドコーストマラソンツアー
8(土)7:00~鏡川モーニングゆるラン(市営)
13日(木)まるトラックナイト
17日(月・海の日)はじめてのモーニングヨガ[ラン&ヨガ&朝食付き]※参加費食事込1500円
20(木)まるトラックナイト
※決定分。7月下旬も練習会を行う予定です。

 

まるRCメンバーの大会スケジュール

 

4/2まつの桃源郷マラソン

4/16宿毛マラソン長野マラソン

4/23富士チャレンジウルトラ

5/3朝霧湖マラソン、大方はだしマラソン

5/14中岡慎太郎マラソン、奧四万十トレイル、仙台ハーフマラソン

5/21洞爺湖マラソン

5/28小豆島オリーブマラソン八幡浜トレイル、山中湖ロードレース

6/4ひがしねさくらんぼマラソン

6/11北山林道駆け足大会、向津具(むかつく)ダブルマラソン

6/18なかばトレイル 阿讃

7/2ゴールドコーストマラソン、高知大学演習林トレイルラン

7/30汗見川清流マラソン

8/5アンコールエンパイアマラソン

9/24村岡ダブルフルウルトラランニング、ベルリンマラソン

10/1くいしんぼマラソン、塩の道トレイル、東北みやぎ復興マラソン

10/8龍馬脱藩マラソン

10/15四万十川ウルトラマラソン室戸岬マラソン

10/29金沢マラソン

11/5下関海響マラソン

11/12おかやまマラソン

11/19仁淀川ふれあいマラソン神戸マラソン

11/26ひだか茂平マラソン、Hi-sixリレーマラソン、高新ロードレース大阪マラソン

12/3湘南国際マラソン

12/10安芸タートルマラソン、青島太平洋マラソン、ホノルルマラソン

1/7須崎ロードレース

1/14高新駅伝

1/28市町村対抗駅伝

2/4丸亀ハーフ、愛媛マラソン

2/18高知龍馬マラソン

2/25東京マラソン

3/4十和トレイル

3/11KUTV健康マラソン、ナゴヤウィメンズマラソン

3/25四万十川桜マラソン、とくしまマラソン

 

 

開催日は予想で載せているものもあります。ご注意ください。

 

www.takemarun.com

 

 

今後の活動について


・入会費・登録不要、参加費は基本1回1000円でいつでも参加できる方式です。CM撮影や取材等、参加費無料の特別回もあります。

 

・メンバー用フェイスブックグループやLINEグループで連絡や講座も行っています。参加を希望される方は気軽にご連絡ください。

 

〇親子割引導入しました!二人で1500円になります。

〇平日19:00~市営りょうまスタジアムで行われるトラックナイトの料金制を変更しました。参加費800円(親子割引1200円)で入場券は各自購入(大人240円)となります。

・悪天候の場合は中止の可能性があります。

・都合により練習場所を変更する場合もあるので、フェイスブックかLINEグループに登録されていない方は、練習会前にこのページを確認していただけるようお願いします。

・集合写真や練習風景をブログに掲載させていただく事や、テレビの出演依頼が来る時もあります。困る方はご連絡ください。

 

・まるRCでは面白いイベントや新しい企画の提案・要望もお待ちしております。※公式のフェイスブック、LINEグループ内で個人的にイベントを作成、募集を行いたい場合は必ず一度ご相談ください。

 

・その他わからない事、質問等あれば気軽にご連絡ください。

 
申込みはフェイスブック、LINE、またはGメ ール(takemaru.yamasaki@gmail.com)からよろしくお願いします。

 

平日夜市営・トラックナイト

f:id:takemaru-yamasaki:20160927075944j:plain

 

平日夜7時からライトがある市営トラックで、安全に楽しく走りましょう。

 参加費は800円+入場券各自購入となります。

 

東部ロングラン

f:id:takemaru-yamasaki:20170112142911j:plain

 東部2.93km周回コースでロング走を行います。

ロング走はフルマラソンの練習というだけでなく、全てのランナーにとっての大切な基礎作りになります。

集団でリズム良く長い距離を走れば、楽しみながら走力アップする事間違いなしです。

 

 

春野クロカン練習会

f:id:takemaru-yamasaki:20160925222014j:plain

 春野で主に660mクロスカントリーコースを使ったトレーニングを行います。

芝のクロカンは心肺機能と筋力といった走るのに必要な能力をまんべんなく鍛えてくれる、どんなレベルのランナーにも欠かせない最高のトレーニングです。

 

その他スペシャルイベント

f:id:takemaru-yamasaki:20170122221052j:plain

より初心者向けの座学と練習会を合わせたイベントや、高知西部での練習会、CM撮影や取材用等のスペシャルなイベントを開催していきます。

合宿や県外(海外)マラソン遠征ツアーといったワクワクするプロジェクトも進行中です。

 

好評・高知市主催初心者ランニング教室&フルマラソン完走教室

 

春の土曜午前初心者教室・夏の平日ナイト初心者教室・秋のフルマラソン完走教室1期・冬のフルマラソン完走教室2期の年4回を予定。

全8回で色々なプログラムを行うランニング教室です。

この教室からまるランニングクラブが誕生しました。

詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

公益財団法人高知市スポーツ振興事業団

 

・過去のイベント

4月

1日(土)11:00-岡豊山お花見グルメラン(金太郎スポーツクラブ集合、参加費無料)

8日(土)14:30-ランニング講座in市営

12日まるトラックナイト水曜の部

20日まるトラックナイト木曜の部

22(土)15:00-まるRC4月のクロカン

29(土)9:00-まるRC4月のロングランin東部

(4月8日~高知市主催・初心者ランニング教室全8回)

 

・5月
6(土)11:30〜まるRC1周年記念イベント・国分川河川敷ラン&BBQ!

10(水)まるトラックナイト

20(土)坂道トレーニング徹底攻略※17:00金太郎スポーツクラブ集合に変更となりました

23(火)まるトラックナイト※25(木)はトラック使用不可のため日にち変更になりました

 

 

世界のランナーから学ぶ6種類のヒルトレーニング[坂道]

 ヒルトレーニングとは坂道の傾斜を利用したトレーニングの事です。


ヒルトレーニングはランナーに様々な恩恵をもたらしてくれます。

筋力アップ、心肺機能の向上、フォームの改善、様々なコースに対応するレーススキルアップ


またスプリントのように走ったり、じっくり長い坂を走ったりと練習のやり方によっても身体への刺激が変わってきます。

ここでは世界のトップランナーも取り入れている6パターンのヒルトレーニングを紹介していきます。

 

 

 

1.ショートヒルインターバル

 

ヒルトレーニングと言って様々なやり方がありますが、最も簡単なトレーニング法として、200-300mほどの登り坂を繰り返すインターバルトレーニングがあります。
このように短い坂道を90%ほどの力で駆け上がる事によって、股関節周りの大きな筋肉や上半身の筋肉も鍛えられ、また心肺にも大きな刺激を与える事ができます。


5000m日本記録保持者の大迫傑選手が所属するアメリカのオレゴンプロジェクトではトラックや芝生でのショートインターバルと組み合わせて
行っています。
上り坂だけだとスピードはそこまで上げれないので、このやり方だとフラットな場所でのスピード感覚も一度の練習で同時に鍛える事ができます。

オレゴンプロジェクトでは、このようなトレーニングを主に休養明けの基礎作りをする時期に頻繁に行います。



・メニュー例
200m×5-10×200mhill×5-10(休憩はゆっくりジョギングで元のスタート位置に戻る)

(前後に10-20分のウォーミングアップとクールダウンjogを行う)

 

 

 

2. ロングヒルクライムラン

 

マラソン全米最速記録(2:04:58)を持つライアン・ホール選手が所属していたマンモスレイクトラッククラブでは10km前後の長い上り坂を使ったテンポ走を定期的に行っています。

このようなトレーニングはボストンマラソンのような後半に上り坂があるコースの対策だけではなく、足の衝撃を少なく基礎的なスタミナ作りをするのにも効果的です。

ですが、身近に箱根駅伝の5区のようなずっと上り坂が続くコースを探すのは大変です。
また車かロープウェイ等のサポートでも無ければ下りも同じ距離を走らなければいけません。


そこでテレンス・マホンコーチは簡易版としてトレッドミル(ランニングマシーン)の傾斜を利用したヒルトレーニングを勧めています。

・メニュー例
30-60min or20min×2-3 UP-hill Tempo(4-8%の傾斜)


※テンポ走とはここでは最大心拍数の85%前後の力配分で行うトレーニングの事を書いています。
エリートランナーにとってはハーフマラソン~マラソンペース、10kmを60分前後で走るビギナーランナーにとっては10kmレースペースが目安になります。

このトレーニングの欠点としては、心拍数をかなり上げて走っても普段のジョギングか、それ以下のペースになってしまうのでスピードは不足してしまいます。
マンモスレイクトラッククラブでは午前中にこのトレーニングを行い、
午後に150-200mのスプリント走を5~6本行う事で脚を素早く動かす感覚を忘れないようにしています。

ヒルクライム走を終えた後に平坦な場所で100m程度のスピード走を何本か入れるだけでもスッキリした気分で終わるはずです。

ぼくも天狗高原で合宿を行った時、一番下から宿舎がある標高1400m付近まで走るトレーニングを何度か行った事がありますが、本当に素晴らしい達成感でした。
 
機会があれば、ぜひ自然の山を登るトレーニングにもチャレンジして山の神になったような気分を味わってみてください。

ライアン・ホールのボストンマラソンに向けたトレーニングが記載されている本Running with Joyも発売されています。
トップ選手の14週トレーニングが一日一日詳細に書かれている貴重な一冊です(英語)。

 

 日本のランニング雑誌では長い坂を上って下る「峠走」というトレーニングもよく目にします。下り坂は脚の負担が大きいのでやり過ぎは禁物ですが、マラソンランナーにとっては衝撃を受け止める筋肉を鍛えるというメリットもあります。

 

トレッドミルを使ったヒルトレーニングに関しては、ダニエルズのランニング・フォーミュラ がかなり参考になります。

 

 

 

3. ロングヒルリピート

 


 ロングレペテイション形式のヒルトレーニング。

オーストラリアのトップランナーが数多く所属しているメルボルントラッククラブでは毎週土曜日に800m(または3分)×6の上り坂走を行っています。

この練習の目的は、筋力とスピードの強化、そして
最大酸素摂取量の向上です。

坂を力強く駆け上がっていけば、自然に脚も呼吸も追い込まれていくはずです。まずは距離より時間を目安にして行ってみましょう。


・メニュー例
3min Up-hill×4-6(5-10kmレースの力配分で)
休憩はジョギングで元の位置に戻る

バリエーション
(3min-1min)×3-5(1分の部分は3分の部分より速く走る事を意識する)
400-800m Up-hill

 

動画の練習風景のように、自然の土道で走れればもっと気持ちよさそうです。
アスファルトのロードでも問題無いと思いますが、下り坂のジョギングで脚に負担が大きくなるので、シューズはある程度軽さとクッションを両立したスピード練習から走り込みまで幅広いペースに対応したものがオススメです(アシックスのターサーアディゼロシリーズ あたりですね)

 

 

 

4. リディアード式ヒルサーキット

 

リディアードのランニング・バイブル

ヒルトレーニングといえば、「リディアードのランニング・バイブル を思い浮かべるランナーも多いのではないでしょうか?

アーサー・リディアード氏(ニュージーランド)といえば、60~70年代にかけてピーター・スネル、マレー・ハルバーグといった数多くのオリンピックメダリストの指導に関わっており、その確立されたトレーニング理論は今なお熱狂的な信奉者も多いです。

 

昔、ピーター・スネル氏(引退後は運動生理学者に転身)が来日した際の講演に参加したことがありますが、世界で最も有名なコーチと言っても過言ではないでしょう。

リディアードの提唱するヒルトレーニングでは、ただ走るだけでなく坂を使ったエクササイズで身体全身をまんべんなく鍛えることを目的としています。

 

・3つのエクササイズ
スティープヒルランニング…上り坂でのモモ上げ走。前モモや腸腰筋(付け根付近)の強化。
ヒルバウンディング…身体全体を大きく使って身体を前に運ぶ。ハムストリングスやお尻の筋肉の強化。
ヒルスプリンギング…足首周辺のバネを使って上にチョーン、チョーンと跳ねる。ふくらはぎ、アキレス腱の強化。



リディアードファウンデーション



最初のうちは無理に坂の距離や本数を決めず、トータル15分ほどで行う。
※必ず最低15分程度のウォーミングアップjogを行う。

リディアードはこの他にも下り坂をスピードを上げて走るヒルストライディングを勧めていますが、固いアスファルトの路面だと故障のリスクも大きいので、芝生のコースや緩やかな下り坂が無ければ無理に行う必要はないでしょう。

リディアードの本家ヒルトレーニングでは、これを常にジョギングを挟みながら行い、平地に戻ったら”流し”も行うかなりハードな内容になっています。
リディアードは期分け(ピリオダイゼデーション)をとても重視しており、これはマラソンコンディショニングトレーニングという基礎作りが終わってから行う練習なのです。

ですが、初心者や動き作りをあまり行っていないランナーは上の三つのエクササイズを普段のトレーニングに少しづつ取り入れていくだけでスピードや筋力強化、フォーム改善にとても効果的です。


リディアードのランニング・バイブル

 

 

 

5.テンポラン+ヒルトレーニングの組み合わせ

 

2014-07-05-14-05-16

第一回世界選手権マラソン王者のロバート・ドキャステラ氏の組み合わせトレーニング。(上の写真はゴールドコーストマラソン前日パーティでキャステラさんとの記念撮影)

坂道インターバルはスピードアップや筋力強化にはとても有効なトレーニングですが、ハーフ~フルマラソンのレースでは特に大事な
一定のペースで速く走る要素が不足してしまうという欠点があります。

そこで、坂道インターバルにテンポランを組み合わせると、
一回の練習で身体に様々な刺激を与える事ができます。

元マラソン世界記録保持者のロバート・ド・キャステラは、ヒルトレーニングをとても重視しており、毎週火曜日にはキロ3分前後ペースでのテンポ走を2-3マイル(3.2-4.8km)を行った後40秒~60秒上り坂をほぼ全力で走っていました。


キャステラさんはヒルトレーニングは長い坂をペースを落として行えばフォームが崩れてしまうので、短く急な坂を全力に近いスピードで走ることにこそ価値があると考えていました。


ビギナーランナーにとっては上り坂を全力に近いペースで走るのはかなり過酷なトレーニングのように感じるかもしれませんが、足にかかる衝撃自体は大きくないので、平地でいきなり全力走を行うよりはむしろ故障のリスクは少ないのです。
少し力を抑えて90%くらいの力で走っても凄く良いスピードトレーニングになるので積極的に挑戦してみましょう。



・メニュー例
2-3mileテンポ走+40-60"hill×8

・ビギナー向けアレンジ
3kmテンポ走(少しきついと感じるペース)+40-60"上り坂×4(90%の力で)
※必ず10-20分のウォーミングアップとクールダウンjogを行う


他に類を見ないボリュームが特徴の「ランニング事典」ではキャステラさんを始め往年の名ランナーの練習法が記載されています。
 

 

 

 

6. カノーヴァ式ヒルスプリント

 

短くて急な坂道を全力で駆け上がるトレーニングです。
これはショートインターバルとは全く異なる練習で、間の休憩は完全に息を整えてからスタートします。


この練習の目的は長い距離をゆっくり走るだけでは使えていない眠っている筋肉を呼び起こす事です。
また全力で走る事に慣れていないランナーにとっては、平地より脚への衝撃が少なく安全に行いやすいという利点もあります。

ケニアのトップ選手を指導するレナート・カノーバ氏は80-100m×10といったヒルスプリントをマラソン選手にも定期的に行わせています。

 

アテネ五輪マラソン金メダリストのステファノ・バルディーニもヒルスプリントを週1回行っていました。


このトレーニングでは有酸素的な刺激はほとんどなく、あくまで長距離選手のための筋力トレーニングの一種と考えた方が良さそうです。

 

 

カルム・ホーキンスの"ダブル・ワークアウト"

カルム・ホーキンスの地元の10kmレースを活用した"ダブル・ワークアウト"を紹介します。


Marathon man Hawkins back in record breaking form and setting his sights ever higher

http://files.heraldscotland.com/sport/15355549.Marathon_man_Hawkins_back_in_record_breaking_form_and_setting_his_sights_ever_higher/

 

[6月16日金曜]午前に6マイル(3:45/kmより速く)+6マイル(マラソンペースより少し速く、3:02/km)+2マイルクールダウン。午後に10kmレース29分14秒。

通常ダブルワークアウトを行う場合、朝先にレースを走る。レースでの脚の感覚は悪くなったが、29分を切れなかった事は少し残念だった。

 

非常に負荷の高い内容ですが、マラソンをシュミレートしたトレーニングである事、また1日でまとめて追い込む事でレースが続くスケジュールでも練習量を確保する狙いがあるのではないかと考えられます。


市民ランナーが取り入れるにはかなりハードなメニューですが、マラソンを目指しているランナーは、例えば週末ロング走の代わりに"午前駅伝等の短いレース→午後少し速いペースの10-15km走”といったアレンジをしてみると有効ではないでしょうか。

 

ホーキンスは、この1週間後の6月24日にケニアの強豪も数多く出場するIAAFゴールドラベルの大会オロモウツハーフマラソン(チェコ)に出場し、8月6日の地元で開催されるロンドン世界選手権男子マラソンに備えます。

https://www.runczech.com/en/about-us/news/british-olympian-callum-hawkins-at-the-mattoni-olomouc-half-marathon-21716.shtml

 

カルム・ホーキンスのトレーニング[リオ五輪マラソン9位] -

 

アメリカLetsRun.com公認"レッツラン・ジャパン"の編集者として関わらせていただく事になりました。

今月からSUSHI-MANこと河原井司さんが開設した”レッツラン・ジャパン”の編集者の1人として関わらせていただく事になりました。

 

LetsRun.com Japan – アメリカLetsRun.com公認。海外の陸上競技の情報を日本へ

f:id:takemaru-yamasaki:20170619150621p:plain

 セイコーゴールデングランプリ陸上2017川崎:男子3000mSC

©2017 SushiMan Photography

はじめにletsruncomjapan.wordpress.com

 

Letsrun.comは日本ではあまり馴染みが無いかもしれませんが、簡単に説明すると、世界で最も有名な陸上中長距離情報サイトです。


その本家Letsrun.com公認の日本語版サイトがレッツランジャパンです。
現在は過去の良記事ピックアップや海外選手のトレーニング情報を中心に記事を投稿しています。



個人的な見解ですが、東京五輪を目指すにあたって、戦う相手は世界のランナーにも関わらず、日本の長距離関係者やメディア、ファンは海外の情報に関してあまりにも無関心過ぎると思います。

サッカーのクリスティアーノ・ロナウドやテニスのロジャー・フェデラーは誰でも知っているのに関わらず、これだけランニングが盛んな日本で世界のトップに関心を寄せるのはごく一部のマニアのみ。

日本人の中でも、世界大会で入賞した選手より国内の学生駅伝で活躍した選手の方が遥かに知名度が高いのが現状です。


もちろん、独自に発達した駅伝文化のおかげで世界有数の選手層の厚さや、世間からの高い注目度を保っているわけで、決して否定しているわけではないのですが、そのような日本の強みも、世界に目を向ける事でより明確に視えてくるのではないでしょうか。

道は一つではありません。世界の情報を知る事で、川内優輝選手や大迫傑選手のように今までのパターンとは違う、新たな道を切り拓く日本のランナーがこれから増えていく事を願っています。

自分としては微力ながら、新しい流れを作るキッカケの一つになれればいいなと思っています。

 

[過去記事ピックアップ]ゲーレン・ラップ、2010年シーズンについて振り返る – LetsRun.com Japan

 

[過去記事ピックアップ] ゼーン・ロバートソンインタビュー(2015) – LetsRun.com Japan

 

(練習日記6/12-18)180km/week。ゴールドコーストまであと2週間

月20

火AM20 PM7

水AM21 PM8

AM32km

金AM20 PM10

土AM12

AM30km(7.2km×4+cool-down) まるランステロングラン with Qランナーズ

T・180km・10S

体重62.1kg

 

北山林道のダメージが予想以上で、木曜まで筋肉痛がとれませんでした。

まつの桃源郷や朝霧湖マラソンで脚が鍛えられてると思っていたのですが、少し筋力強化が足りなかったでしょうか?考え方を変えればここらで良い刺激を入れれたかもしれません。

スピード練習はお休みしておきましたが、距離はしっかり踏んでおきました。天気がちょうど良く、おそらくここ数年で一番走りやすい6月になっています。

 

あとはもうフレッシュな状態に仕上げていくのみですね。

ゴールドコーストマラソンまで、あと2週間。

 

 

 ・インスタ日記

https://www.instagram.com/p/BVTjMuYFNCa/

北山林道の次の日は、うちのすぐ近くに最近オープンした「オリーブの森」へ。美味しくてボリュームも◯🙆‍♂️。2種類のミニデザート付き。モーニングのメニューも美味しそうだった。これはまた行かなくては。#オリーブの森 #南国市 #高知のランチ

 

[https://www.instagram.com/p/BVWH9Mpl5Vw/:title=[32km Long Run ave.3:57/km]国分川アイシングにトライ。出来ない事はない。足がつかないので怖いけど‥‥ #国分川 #まるランステ #ランナーズパラダイス #アイシング #ロング走 #金太郎スポーツクラブ]

 

https://www.instagram.com/p/BVXFakIFbeJ/

今週のまるランステはsachiko先生のリカバリーヨガ教室でした。ラベンダーの香りが漂い雰囲気バッチリ。優しくリラックスできます。7/17(月・海の日)には初めてモーニングヨガも開催します。興味がある方はぜひ☺️ #毎週火曜日 #まるランステ #金太郎スポーツクラブ #ヨーガ療法

 

https://www.instagram.com/p/BVe3fxnFc84/

AM7:00〜まるランステロングランwithQランナーズ1.ひよこ組コース(ゆるーく目標10km)2.中級コース(6:00/km15km前後)3.中級コース②(5:30/kmペース目安・20km前後)4.チャレンジQコース(4:30/kmより速く。21-29km)練習後は西島園芸団地のいちごフィナーレへ🍓#まるRC #ロング走 #西島園芸団地

 

 

カルム・ホーキンスのトレーニング[リオ五輪マラソン9位]

 イギリス勢の活躍が世界の中長距離界を驚かせています。

 

マラソンランナーのカルム・ホーキンスもその中心にいる1人。リオ五輪マラソンで9位、その後10月のグレートスコテッシュハーフマラソンで1時間0分24秒※、12月の欧州クロカン選手権で銅メダル獲得とマルチな活躍をみせています。

 

 コーチは父のロバートが務めており、練習パートナーは兄のデレクですが、単独で練習を行う事も多いようです。

また兄弟でオンラインコーチングシステムも立ち上げており、家族中心の小さなチームで国際的なランナーに成長しました。

 

Hawkins Running – Online Coaching for Runners of all Levels

 

※その後距離不足が判明し非公認となってしまいましたが、丸亀国際ハーフマラソンでその記録を上回る1時間0分00秒で優勝しました。

 

・レースを利用したダブルワークアウト

Marathon man Hawkins back in record breaking form and setting his sights ever higher (From HeraldScotland)

AM6マイル(3:45/kmより速く)+6マイル(マラソンペースより少し速く、3:02/km)+2マイルクールダウン。PM10kmレース29分14秒。通常ダブルワークアウトを行う場合、朝先にレースを走る。

 

Hawkins Aims to Continue String of Strong Races at United NYC Half - RunBlogRun

躍進の理由について「一貫したトレーニンング。特別な何も無い。故障がほとんど無く、100マイル+の積み重ね。」

 

 

Callum Hawkins aims to break the Big Apple in New York half-marathon (From HeraldScotland)

NYCハーフ→コロラドで5週間の高地トレーニング。10000m出場へ。

 

Derek Hawkins Callum Hawkins Marathon | Spikes powered by IAAF

週120マイル・ロングラン最高22-23マイル。

 

 

www.bbc.co.uk

リオ五輪に向けての湿度順応トレーニング。

 

 

 


Bank of Scotland Great Scottish Run 2016

 


Senior Men - SPAR European Cross Country Championships 2016 CHIA

 


Great Edinburgh Cross Country 2017 - Men's 8km