まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます。まるランニングクラブ代表

神戸マラソン結果[2:18:59!!!!]

神戸マラソン結果…2時18分59秒(高知県歴代6位タイ・15位)

f:id:takemaru-yamasaki:20191118233116j:image

遂に念願のサブ20、しかも滑り込み18 分台のおまけまでついてきました。

今自分が2時間18分台のマラソンランナーになったというのがとても不思議な気持ちです。

 

スタートラインに立つ時には人生最高の調子だと確信していました。
この結果はゴールドコースト合宿無しではあり得なかったと思っています。

 

ぼくは決して今の環境を変えたくありませんでしたが、川内優輝さんや台湾の張嘉哲さんがリスクを負って新しい事に挑戦していく姿勢が、ぼくの心を変えました。

 

一方で、今回の順位には正直失望しています。
この一年で各地マラソン大会の記録水準は飛躍的に向上しました。
非常に厳しい戦いになっていますが、自分自身を引き上げるには最高の環境だと思っています。
なんとかこの波に乗って、長年の夢を実現したいです。

 

応援ありがとうございました!

 

[高知県記録まであと2分26秒]

レース振り返り詳細はまたおって

2度目の神戸マラソンに向けて

いよいよ2度目の神戸マラソンの日が迫ってきました。今回で21回目のマラソンとなります。

 

https://www.instagram.com/p/B44LvmkHTxt/

調整は順調に進んでいます。ラストの1km刺激、いつもより10秒ほど速いタイムでした。日曜は1500mか3000m走っても自己記録更新できそうです。新しく買ったhigh5バー、丁度良い大きさで味も食べやすくなりGOODです👍#神戸マラソン #polarm430 #high5 #まるrc

 

 

例年どおり7月のゴールドコーストラソン後はゆっくり休みましたが、8月に初めて海外合宿を試した事はぼくにとっては大きなチャレンジでした。

 

本当に結果に結びつくのか…不安な部分もありましたが、10月に5000mで13年振りの自己記録を更新し、一定の成果を得る事ができました。

 

その後アキレス腱に僅かな痛みが出てしまったものの、現在全く問題なく、今までの秋マラソンで最高の状態に仕上がったと確信しています。

 

もちろん、合宿でいつもより早く調子を引き上げれたと言っても、1週間程度量が増えただけで劇的にマラソンの結果が変わるかはわかりません。

30〜32km走は6本と昨年より多くこなせました。後は終盤までしっかりスピードを維持し、終盤のアップダウンを耐える事ができるかが鍵になってきます。

 

▷大会ゲスト・招待選手・ゲストランナー・フレンドシップランナー・ペースセッター|大会情報|第9回神戸マラソン公式サイト

海外・国内招待もより強い選手が集まり、ペースメーカーもいないレース、スタートするまでどんな展開になるか全く予想がつきません。ワクワクしますね。

コースを知っているのと、マラソン経験はアドバンテージだと思っています。

 

最大の目標は「トップ5」 です。連続8位以内入賞を逃せば少し残念な気持ちになると思いますが、それでも念願の2時間20分を切る事ができればとても嬉しい成果です。

 

 

▷Aidan is off to Kobe Marathon! - Qrun

各地のライバルとまた再会できるのも楽しみです。ゴールドコーストブリスベンのレースで一緒に走ったエイダンさんがクイーンズランド州代表として出場するようで、ぼくの事も書いてくれてるみたい。

 

 

 昨年はベストを尽くしましたが、夏場の練習に苦しみベストの状態に持っていけなかったのが残念でした。

www.takemarun.com

 

 

 

ゴールドコーストラソン神戸マラソンまでの道のり

 

www.takemarun.com

 

www.takemarun.com

 ゴールドコースト合宿、そしてブリスベン10kmでレース復帰。31分00秒で10位と好スタートを切る事ができました。合宿で30km走2本に、「パークラン」にも参加。実りのある合宿になりました。

 

www.takemarun.com

  

www.takemarun.com

3度目のオーストラリア遠征となったシドニー。体調不良とテクニカルなコースの影響もあり、撃沈してしまいました。

  

www.takemarun.com

シドニーの結果も受けて不安もある中での5000mレース。13年振りの自己記録更新は本当に嬉しかったです。序盤は2:50/km前半ペースで走るスリルはトラックの楽しさを思い出させてくれました。

 

www.takemarun.com

神戸前の重要なテストという位置づけだった台北ハーフ。

タイのランナーと競り合い、まずまずの走りはできましたが、勝負という意味では課題も残りました。

 

www.takemarun.com

久々に高知のレースを走りたいという気持ちもあり、最終調整レースに土佐市ふれあいマラソン10kmを選択。疲労もあり、重たい走りになりましたが、良い練習になったと思います。やはり手軽にトレーニングに使えるのも地元レースの良さですね。

 

 

振り返ってみると、今まで以上に海外レースを走り、特に台北ハーフは反省点もあり良い経験になりました。まだまだ未熟で、レースから学ぶ事は沢山あります。神戸も国際級ランナー相手にこれまでの経験をぶつけていきたいです。

 

マラソン後は台北の夜市で楽しもう〜三大夜市を紹介〜

台湾の有名な観光スポットとして”夜市“は欠かせませんね。

夜市が始まるのはだいたい18時頃からで夜遅くまでやっているようです。日中は暑く、外食文化のあるアジアの地域を中心に発展してきた夜市は毎日お祭りのようでエネルギッシュ、おいしいものいっぱい。

 

今回は今までの遠征で訪れた台北三大夜市について紹介していきます。どこもアクセス便利ですぐ楽しめます。

 

 

 

士林夜市台北最大の夜市〜

 

一番有名なシーリン夜市。士林駅…ではなく、一番近いのは「劍潭駅」なのでお間違えなく。

大きく賑やか、ゲームもあり盛り沢山で楽しめるエンターテイメント夜市。屋根付きで雨の日も大丈夫のようです。日本人観光客まずはここに決まりですね。

f:id:takemaru-yamasaki:20191113225636j:image

広くて賑やかなので、迷子になったりしないように気を付けましょう。客引きも結構ありました。


f:id:takemaru-yamasaki:20191113225624j:image

地下のグルメスペースでゆっくり夕食もとれます。色んな料理が手軽に美味しく食べれてとても良かったです。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191114211623j:image

生地をもち米で作った台湾式ホットドックと言われるものも凄くオススメです。日本人以上に同じくモチモチした食感が好まれるようです。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191114201635j:image

マンゴーかき氷のお店もありました。大きいので数人でシェアして。隣が「臭豆腐」のお店で臭いが凄かったですが…

 

 

寧夏夜市〜グルメ夜市〜

 

おいしいものいっぱいネイシャー夜市。「雙連駅」から歩いてすぐ。

f:id:takemaru-yamasaki:20191114195737j:image

本当においしそうなものいっぱいです。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191114195749j:image

特に海鮮ものが有名。お店で焼いたエビにかぶりつけました。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191113225954j:image

名物は「カキオムレツ」。他のお店でも食べれますがここのが一番おいしかったです。ソースは甘い感じの味付けなのも特徴。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191114204742j:image

あとすぐ近くにある豆花(トウファ)という台湾のスイーツが食べれるお店に行ってきました。

これも凄くおいしかったです。豆なのでしっかり栄養があって健康的なのも嬉しいですね。

 

 

饒河街夜市〜胡椒餅が有名、慈祐宮も見れる〜

f:id:takemaru-yamasaki:20191113230207j:image

ラオフー夜市。「中山駅」から歩いてすぐです。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191114200613j:image

夜市の入り口も綺麗ですが、すぐ隣に「慈祐宮」という美しい建物(廟)もあります。


f:id:takemaru-yamasaki:20191113230158j:image

600mほどの道を往復すれば全て見れる適度な規模です。


f:id:takemaru-yamasaki:20191113230201j:image

ゼリーの入ったフルーティーな飲み物。特に暑い時は嬉しいですね。


f:id:takemaru-yamasaki:20191113230204j:image

珍しい刀削麺のカレー味食べてみました。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191114203323j:image

有名な胡椒餅は凄い行列だったので、ホテルの近くの支店で食べたのでまぁいいか、と諦める事にしました(写真はそこで買ったもの)。

でも本店が一番美味しいという噂も!せっかくだから夜市でも買えばよかったですね。

 

 

ぼく的には「最初は士林夜市で賑やかな雰囲気を楽しみ、オススメはおいしいものが沢山ある寧夏夜市」といった感じかな。もちろん饒河街夜市もいいところです。

 

夜遅くなりますし、人混みに行くのでどうしてもマラソン前は疲れてしまうかもしれませんね。レース後の夜に行くスケジュールが無難かと思います。

夜市はまだ他にも沢山あるようなので、またローカルな夜市にも行ってみたいですね。

 

www.takemarun.com

 

3泊4日・まるRCエバー航空マラソンツアーを振り返っていく

エバー航空ハーフマラソン遠征振り返り。

台北遠征は4度目になりましたが、この大会は初めて(大会自体の歴史もまだ2回目)、新たなチャレンジという気持ちで出発しました。

 

 

1日目金曜・移動日

f:id:takemaru-yamasaki:20191108211302j:image

例年通り、岡山空港LCCタイガーエア台湾を利用。

9:13後免駅から出発して、岡山駅岡山空港

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191108211221j:image

岡山駅一番街の「はしや」で昼食。結構豪華でした。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211308j:image

岡山空港発。

今回は受託荷物無しに初トライ。タイガーエアは機内持ち込み10kgまでOKなので、そこまでクリアは難しくありません。これでだいぶ飛行機代が浮き、セールで往復17000円!(初めて行く方にはあまりオススメできません。特に帰りはオーバーしがちですね)

 


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211230j:image

桃園空港→MRTで35分ほどで台北駅に移動。

夕食は台北駅地下街で。フードコート充実しています。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211207j:image

ルーロンハ〜ン。スープ物はあったまり体調管理にも良さそうですね。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211210j:image

デザートに大福も購入。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211259j:image

あっという間に夜です。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211203j:image

今回は台北駅から徒歩8分ほどの「台北Mホテル」で宿泊。

金曜はほぼ移動日で、寝るのみとなりました。 

 

 

2日目土曜・レース前日

7時頃に最終調整と観光も兼ねて、台北ランステのある大安森林公園へ。

www.takemarun.com

ランステに関する詳細はこちらの記事から。張選手と再会できたのも嬉しかったです。

 


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211256j:image

次は受付のため「西門駅」へ移動。

町によってコロコロ風景というか雰囲気が変わるのが面白い所です。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211315j:image

受付会場「台北市万華運動センター」。

シドニーラソンのEXPO以上にコンパクトで、少し目立ちにくい感じはしました。

スタッフの方も日本語喋れる方もいてスムーズにゼッケン受け取り。

2万人規模の大会とは思えないような感じもしましたが、受付がすぐ終えれたのはよかったです。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211226j:image

ウェアとシューズを買える所が一つだけありました。

 


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211252j:image

あとは適当に街をブラブラ。ホテルの近くには人気の「胡椒餅」のお店がありました。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211213j:image

香ばしくて、モチモチ、具材もいっぱい、これは美味しい!

もっとお菓子っぽいのを想像していたのですが、お肉類も入って「おやき」みたいな感じでしょうか。

ちょっとスパイシーなので苦手な人は注意かも。

ぼく的にはめちゃくちゃオススメです。レース後行く予定の夜市の有名店のようで、街中の方が混まなくてすぐ買えそうです。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211311j:image

台北駅近くで話題のタピりました。大粒で最高です。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211249j:image

中山駅」でお土産買ったり。駅の付近は東京の街中のようで、実際日本系のお店も多くて面白かったです。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211236j:image

17時台に早めの夕ご飯。あっさりした麺類にしておきました。台湾はクセの少ない炭水化物中心のメニューがすぐ見つかるのがいいですね。

 

3日目日曜・レース当日

 

www.takemarun.com

レース詳細はこちらから。 


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211240j:image

演奏や表彰が行われるステージでは徐々にゴールした人でいっぱいになりました。

10月下旬は12月の台北よりは天気が良くなりやすいのでしょうか?今回の滞在中は曇り、または晴天で気持ちよかったです。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211246j:image

クールダウンジョグを終えて、のんびり参加賞のベーグルをモグモグ。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211233j:image

帰りはシャトルバスサービスがあり、スタート地点近くまで乗せていってもらえます。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211216j:image

お洒落な公園を抜けて、元の「総統府」へ。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211243j:image

レース後もタピりました。お昼の暑さ、疲れた身体に冷たくて甘いタピオカミルクティーは最高の贅沢ですね。前日は微糖(30%)で、もう少し甘さを欲していたので半糖(50%)で。

”大粒タピオカ“が準備中でちょっと残念でしたが、小粒もいっぱい入ってて美味しかったです。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191113202528j:image

ホテルで休んでから、小籠包パーティー

 

www.takemarun.com

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191108211705j:image

ここまでで結構時間を食ってしまったので、夜まで適当に街ブラ。

地元のスーパーも寄ってみました。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191108211616j:image

台北と言えば、夜市。

JALANAが到着する空港もある「松山駅」から歩いてすぐの「饒河(ラオフー)街夜市」に行ってみました。

夜市のすぐ近くに、「慈祐宮」という美しい建物(廟ですね)があったので中も覗いてみました。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191108211519j:image

夜市の入り口はこっち。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211455j:image

この夜市は台北の中では中規模程度だそうです。

縦に長い感じで、600mほどの道を往復すれば全て見れます。かなり賑わってました。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191113184431j:image

珍しい「刀削麺」のカレー味を食べてみました。機械の刀で生地を削っている感じでした。

 

 

4日目月曜・帰国日

あっという間に最終日。

台北駅から、桃園空港行きのMRTを乗る所までは結構歩かないといけないので注意です。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211447j:image

空港で朝食にお粥食べました。台湾の朝食と言えばこれ。揚げパンがそのまま入ってる。

入賞の盾とかが重くなってしまったので、機内持込制限の10kgをギリギリオーバーしてしまいましたが許してくれました。


f:id:takemaru-yamasaki:20191108211613j:image

スムーズに岡山空港に到着、岡山駅でおにぎりセットを買ってゴトゴト電車で帰りました。高知(後免駅)に到着したのは18時頃。やはり最後は疲れましたね。早く高知から直接飛行機で行けるようにならないかなぁ。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191113185318j:image

今回も無事終了。ちゃんちゃん。

金色でズッシリした立派な完走メダルに、右の綺麗な箱は中山駅ホテルオークラで買ったホテルオークラのパイナップルケーキ。さすがに高級品とあって今まで食べてので一番美味しかったです。


色んな顔があり、見どころ沢山、定番のコースでも楽しめる台北。行くたびに新しい発見がありますね。また早くも次の機会が楽しみです。

 

 ▷D11 地球の歩き方 台北 2020~2021

 

www.takemarun.com

 

(Training Log 11/4-10)31歳になりました。神戸マラソンまであと1週間!

月AM16 左アキレス強い張り

火AM22 PMgym まるランステ

水AM18 PM8

木AM1.5kmX5(r500m)4:37-r2:05 ave3:20/k w-up/c-d10k PM9 まるトラック

金AM18

土AM15 PM8

日AM26kmLR(4:00/km)

T160km/10run

61.5kg

 

月曜日は再びアキレスに張りが出て冷やっとしましたが、後は問題なく走れました。

ここにきて調子はグングン上がってきています。秋にここまで調子を上げれたのは間違いなくゴールドコースト合宿のおかげです。肝心なマラソンの結果が大事とは言え、決断がうまくいき本当に嬉しく思います。

とは言え好事魔多し、残り1週間の調整で大体の結果は決まると思います。ここも慎重に、丁寧に仕上げていきたいです。

土曜日に31歳になりました。変わらず元気で走る事が大好きなままですが、この1年を振り返るとバタバタ倒れたりもしたので健康には気をつけてこれからも走り続けたいです。

 

https://www.instagram.com/p/B4m5YoiHCML/

Last Interval…1.5kmX5(r500m)4:37&2:05(T10k,3:20/km)過去最高の内容でこなしました。調子は昨年より遥かに良いです。神戸マラソンの招待選手も発表されました。例年以上メンバーでワクワクしますね🔥http://kobe-marathon.net/2019/schema/guest_runners.html#神戸マラソン #まるRC

マラソン後は小籠包打ち上げで決まり!言わずと知れた名店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」に行こう

台北でマラソンを走った後は小籠包(ショウロンポウ)打ち上げで決まり!

 

今回は言わずと知れた世界の名店・鼎泰豊(ディンタイフォン)というお店を紹介します。

f:id:takemaru-yamasaki:20191106220845j:image

 

 

ニューヨークタイムス紙で“世界の名店トップ10”に選ばれた事で人気が爆発したこのお店、世界中にいくつも支店がありますが、台湾が本場。

 

それで、もちろん台北内にも各地に支店がありますが、ぼくがいつも行っているのは「永康街」にある本店。

アクセスはとても簡単で台北駅から3駅ほどの「東門駅」で下車。永康街と書いている出口を行くとすぐあります。

 

 

超人気店、”待ち時間“も有効に使おう

 

超人気店であるため、昼食の時間帯に行けば待ち時間60〜90分ほどになるのは当たり前です。お店の前でチケットを貰えば予約完了で、整列して待つ必要はありません。

うまく出来ているもので、このあたりには時間を潰すスポットが沢山存在しています。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191104223116j:image

その①台湾名物、足ツボマッサージ。レース後のリラックスにはうってつけではないでしょうか。

結構痛い時もあったので、爪を痛めていたり、足をケガしている時は注意してくださいね。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191104223140j:image

その②こちらも台湾名物、マンゴーかき氷を食べる。近くに日本人にも人気な「思慕昔(スムージー)」というお店もあります。

雪のようなサラサラした氷に甘い味付け、マンゴーが惜しげもなくタップリ入っていておいしいです。

でもここでお腹がいっぱいになってしまうと本末転倒ですね。サイズが大きいので、3〜4人でシェアして気分を味わうくらいにしておくのがいいと思います。

 

後はお土産を買ったりする時間もここの待ち時間にあてると時間を有効に使えますね。

色々お店を見ながら街をブラブラするだけでも楽しいです。

 

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191105171749j:image

さて、待ちに待った入店。まずは台湾ビールで完走に乾杯!というのもいいですね。

 

 

まさにうま味の宝石箱。アツアツの小籠包にかぶりつこう

f:id:takemaru-yamasaki:20191104221531j:image

とりあえずノーマル小籠包。ハフハフ、うまい!

食べ方も最初に説明してくれますが、ぼくはとにかく熱いうちに口に放り込むのが好きです。本当はレンゲで破いて少しスープを出して食べるのが食べやすいそうです。

うま味たっぷりのスープが口の中に広がります。冷めるとおいしさは半減するので急いで食べましょう😤

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191105171757j:image

オススメ、蟹味噌小籠包。チーズ?蟹の飾り物的なのもついてきます。

小籠包は5個と10個をチョイスできます。人数に応じてチョイスしましょう。

 

ちょっとリッチなトリュフ小籠包なんてのもあります。なんだか成金っぽいと思うかもしれませんが、ぼくは大好きです。高貴なスープで口が幸せで満たされていきます。

 

 

サイドメニューも充実 

f:id:takemaru-yamasaki:20191104221627j:image

何気にサイドメニューもおいしいのでぜひ注文してほしいです。

ボリュームたっぷりのスペアリブチャーハン。ジャージャー麺とかもありました。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191104221901j:image

具材たっぷりのスープ。身体に良さそう。

 


f:id:takemaru-yamasaki:20191104221904j:image

前菜や箸休めに嬉しい、酢の物や野菜の炒め物なんかの選択肢も豊富。レース後は野菜も摂らなくちゃね。


f:id:takemaru-yamasaki:20191105172643j:image

餃子もおいしかった。蒸し餃子みたいな感じですね。

 

 

甘いものは別腹。デザート小籠包

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191106220036j:image

締めに、デザート小籠包もあります。小豆入り、チョコレート入り、タロイモ入り等。

この時、お箸も交換してくれる細かいサービスもありました。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191105172603j:image

新発売のカスタード饅頭。アツアツトロトロのカスタードが入っていました。

 

 

旅行者にとっては嬉しいサービス、落ち着いた雰囲気、安心感。

台湾には他にも安くて美味しい小籠包のお店も沢山あるようですが、ここの特徴はサービスにも力を入れている事で、店内の雰囲気も落ち着いていて、店員さんは日本語も上手で丁寧に優しくオーダーの仕方や食べ方も教えてくれるので安心です。特に日本人はこういう所は嬉しいと感じると思いますし、マラソン大会後はリラックスできますよね。


ぶっきらぼうでリーズナブルな屋台や小さいお店の雰囲気もいいですが、両方経験するとお店の人に丁寧にサービスしていただくありがたさも実感できますね。

 

台湾の中では高級店に位置づけされると思いますが、毎年4人前後でシェアしてお腹いっぱい食べても日本円にして大体2000〜3000円程度に収まりました。東京で食べるともっと高くなるようです。

 

文句無しオススメのお店です。台湾に来たらぜひ一度行ってくださいね。

f:id:takemaru-yamasaki:20191104222608j:image

何気に店員さんと記念撮影していただきました(//∇//)

 

鼎泰豐・Din Tai Fung・ディンタイフォン・딘타이펑(公式サイト)



www.takemarun.com

 

久々の高知県内レースになりました。仁淀川ふれあいマラソンin TOSA CITYレース振り返り(新設10kmの部)

仁淀川ふれあいマラソンin TOSA CITYレース振り返り。

f:id:takemaru-yamasaki:20191106095204j:image

最近、地元・高知のロードレースにほとんど出てなく、地元を盛り上げるため、そろそろ忘れられないためにも出ておこうかなとレースを探していた所、まだ出た事の無い「仁淀川ふれあいマラソン」が10kmの部を新設神戸マラソン2週間前の調整には丁度良いと考え出場を決めました。

土佐市高知市内から比較的近く(ぼくの自宅からは車で40分程度)、部門もハーフ/10km/4kmの部と増え、手軽に出場できる大会の一つになりました。

 


f:id:takemaru-yamasaki:20191106095132j:image

当日の天気は寒すぎない曇りと、長距離には絶好のコンディションになりました。


f:id:takemaru-yamasaki:20191106095200j:image

会場はコンパクト。大会の規模はそれほど大きくないので、特に問題は無かったかな。ウォーミングアップを終えると開会式が行われていました。


f:id:takemaru-yamasaki:20191106095152j:image

スペシャルゲストに石原良純さん。やはり有名人のオーラがある、ような気がします。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191106095316j:image

10kmの部は3種目の中で一番最初の9:30スタート。

今週は3日前に32km走もしていて、スタートから脚が重たく感じました。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191106100035j:image

レース展開はスタートから終始独走となりました。

コースとしては一部で狭い所もあるものの、フラットでとても走りやすいコース。基本行って帰ってくるだけの折り返しコース。やや単調ではあるかもしれませんが、ぼくは好きなコースですね。

湿度はあったので、ジトっと汗は出てきました。5km通過が16分31秒、ほぼマラソンペース、これは想定よりだいぶ遅い。しかしやや向かい風だったようです。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191106100042j:image

最後、僅かなアップダウン。ゴールタイムは32分31秒。3:15/kmはマラソンレースペースより僅かに速い程度なのでやや不満の残る内容でしたが、後半の5kmは16分フラットと盛り返す事ができました。

序盤からの疲労感を考えるとまぁヨシとしたいです。自分に甘めの採点。

4kmの部がスタートする前にフィニッシュしました。


f:id:takemaru-yamasaki:20191106095155j:image

レース結果。


f:id:takemaru-yamasaki:20191106095136j:image

レース後は、お弁当と、つみれ汁のサービス。


f:id:takemaru-yamasaki:20191106095145j:image

海を眺めながら、走った後昼食。なかなか贅沢じゃないですか。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191106095149j:image

ぼくももう7kmほどたっぷりクールダウンジョグをしてからまったり昼食。

上位でゴールしても意外とレース後モタモタしていたら、みんな走り終えて会場は混雑してしまったりするのですが、今回はまだハーフ走っている人もいるので、それほどでもありませんでした。


f:id:takemaru-yamasaki:20191106095207j:image

12時から表彰式。

久々の地元レース、良いトレーニングにもなり、満喫する事ができました。

大会関係者の方々、応援、写真を撮ってくださった皆さん、楽しい時間をありがとうございました。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191106210321j:image

ちなみに優勝賞品は「水晶文旦」でした。左は参加賞のサバの燻製。

 

 

仁淀川ふれあいマラソンin TOSA CITY結果

 

10kmの部・32分31秒(1位)

SORTIE MAGIC LT / ターサーソックス / POLAR M430

 

・ほぼフラットで走りやすいコース(風が強い日は影響が大きいか?)

・種目も多く、初心者にオススメの大会

☆県内タイトル追加!

 

 

高新駅伝と市町村駅伝は出ましたが、市民マラソンは約1年振りでしたね。

www.takemarun.com