まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

Takemaru Yamasaki Marathon Blog マラソンランナー&プロランニングコーチがランニングをもっとディープに楽しむ情報を発信。 Marathon 2:18:59 高知龍馬マラソン、おかやまマラソン優勝

元祖クッション系シューズ、GEL-CUMULUS(ゲルキュムラス)23レビュー

今回はGEL-CUMULUS(ゲルキュムラス)23のレビューをしていきます。

 

 

f:id:takemaru-yamasaki:20211007191622j:image

 

もう一つの定番シリーズ

 

アシックスユーザーならGT-2000(or1000)シリーズは一度は履いたことがあるランナーは多いのではないかと思いますが、こちらはスタビリティ(安定性)重視のオーバープロネーション向けモデル。

一方このキュムラスはクッション重視・ニュートラル/アンダープロネーション向けモデルとなっています。

 

オーバープロネーション向けシューズは足のアーチが低く内側に倒れ込む負担を軽減するため、内側を固くして安定性を高めており、ぼくは足の内側の故障が多くこのタイプのシューズが合うと思っていたので、クッション重視のモデルはほとんど“食わず嫌い”のようになっていました。

しかし、昨今の厚底シューズ主流の時代で、自分に合う合わない以前に、どんなシューズでも使いこなす、足元で機能を理解する必要があると感じたので、クッション系の代表的なシューズの一つであるキュムラスを試してみる事に決定。

 

 

海外では抜群の人気


www.youtube.com

 

あまり履く機会が無かった理由は食わず嫌いだけではなく、このキュムラスは海外では非常に人気が高いものの、日本では販売もされてない時期が続き、スタビリティモデルの「GT-2000」や「ゲルカヤノ」をジョギング向けの“デイリートレーナー”としてより押している傾向がありました。

 

実際このシューズの日本での知名度はあまり高くないように感じていますが、アメリカでは北米記録保持者のライアン・ホール選手や数々のエリート選手が愛用しており、GTシリーズよりキュムラスの方が人気があるのではないかと個人的には思っています。

 

一方で、全体的な作りが海外ランナーの足形や好みに合わせたものではないか?という思い込みもありました。

f:id:takemaru-yamasaki:20211007191802j:image

以前から愛用している「GT-1000」と比較すると、内側を硬くして倒れ込みを防ぐ、DUOMAXが入っていません。代わりに全体の柔らかいクッション性が増しているのと、接地がより自然になるように感じます。


f:id:takemaru-yamasaki:20211007191800j:image

アウトソールは左側のキュムラスの方がクセがあるような特徴的な形状に見えます。アシックスのニュートラルシューズは”雲“からインスピレーションを受けています。

 

 

フワフワクッションと自然な接地感が気持ちいい

 

履いてジョグをしてまず感じたのは、評判通りとてもフワフワの柔らかいということと、一方で新鮮さだけではなく、むしろよく馴染むような、懐かしい感触も味わえました。


最近の高機能なシューズとは違い、反発や勝手に前に進むような仕組みはなく、しっかり自分の脚で地面を蹴って走れるのが理由だと思います。

 

さらに内側が硬くなっていない事で、自然な接地で走れるのがとても気持ち良く感じました。

 

フワフワな柔らかさも初めは新鮮だったものの、グラつくような不安定さは全くありません。このあたりのバランスの良さアシックスらしい。

硬いロードではしっかり脚を守ってくれますし、わざわざ柔らかい路面でこの靴をチョイスする必要はないかもしれませんが、不整地で使っても安定性は特に問題はありません。

 

さすがこれも世界の定番シリーズ。GT-2000シリーズに全く劣らない名シューズだということがよくわかりました。

 

心配していたフィット感もとても素晴らしく、柔らかく優しい足触りで万人受けしそうなものだと思います。

f:id:takemaru-yamasaki:20211007191734j:image

重量は280g台(27.5cm)。ジョギング用の重量級シューズとしては標準的な重さ。

 

予想外に、かなり走りやすいシューズで新たなお気に入りとなりました。こんなに良い靴を今まで避けてきたのが残念です。

履くのに慣れが必要だとは全く感じないので、当初考えていたシューズの履きこなし力アップには繋がるかはわかりませんが、とても良いシューズ体験になりました。

 

さすがにスピードを上げるには向いてないので、ジョギング用・じっくり脚作りのためのシューズとして使うのがオススメです。

 

万人向けなのはもちろん、「シューズショップでよく勧められるGT-2000やカヤノは硬くて合わなかった」と言う人にぜひ一度試してもらいたいシューズです。

 

 

まとめ

 

評価…A

○クッション、耐久性、フィット感、価格

-安定性、グリップ、接地感、反発、重量


用途…ジョギング(自分の場合は4:30-5:00/km)

 

全てが高水準。弱点になりそうな安定性もほとんど気になりません。

そもそもがスピードの出しやすさや軽さを求めてないシューズなので、ジョグペースで気にならない程度ならこれらの部分も普通と判断しました。

 

現時点で最新の23もかなりお求めやすい値段になっています。

▷GEL-CUMULUS(ゲルキュムラス)23

 

 

↓もう一つの定番シリーズ、GT-1000のレビューはこちら

www.takemarun.com