まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

Takemaru Yamasaki Marathon Blog マラソンランナー&プロランニングコーチがランニングをもっとディープに楽しむ情報を発信。 Marathon 2:18:59 高知龍馬マラソン、おかやまマラソン優勝

GEL-KAYANO 28 レビュー【レジェンドモデルが大幅アップデート】

今回はGEL-KAYANO(ゲルカヤノ)28の使用レビューを紹介。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20211203154433j:image

 

従来の良さを残しつつ、大幅アップデート

 

ゲルカヤノシリーズはシューズに詳しく無くても知っている人も多い、アシックスジョギングシューズの現役レジェンドモデルで、今回が28代目となりました。おそらく今も更新されているアシックスのシューズでは1番歴史が長いのでは。

 

今回は、その定番シリーズが大幅な進化を遂げています。

 

カヤノシリーズはGT-2000のようなスタビリティモデル(安定性重視)のトップモデルであり、あらゆるアシックスのあらゆる保護機能が詰め込まれているので、”重戦車“とも言えるような履き心地には安心感がある一方、「重い」、「硬い」といった意見もあり、好みが分かれる所もありました。

 

最新の28では形状がセパレートからフラットソールの形状に近くなり、上層部にノヴァブラストでも使われているFFブラストが搭載されています。

 

これで実際使ってどう変わったかというと、弾むような反発、柔らかさ、自然な優しい接地、適度な軽量性といった今まで無かった要素が追加され、より現代のランナーの好みに合ったマイルドな仕上がりになったと思います。

f:id:takemaru-yamasaki:20211203154428j:imagef:id:takemaru-yamasaki:20211212184713j:image

裏のソールを見ると、前作までと土踏まずの部分が大きく変わっているのが分かります(下はカヤノ27)。

内側の捻れを抑えるトラスティックが剥き出しの形から内蔵型になり、安定性は高めつつ、接地が優しくよりスムーズな乗り心地になりました。

代わりに地面からもらえる反発は落ちそうに思うのですが、そこを高めるのが今回1番の注目ポイントであるFFブラスト。軽量な素材で、接地をソフトにするという役割もあります。

 

これにより、今までのカヤノには無かった感覚を味わうことができます。

 

従来の安定感性とノヴァブラストのように弾んで走れる反発のミックスはなかなか新鮮。

使った人によっては練習後は足裏にきたという意見もあり、結構前足部の反発は強いなと感じました。

 

全体的にさすがのまとめ方で、カヤノの伝統的な良さを残しつつ、より万人向けのシューズになったという印象です。

ぼくもこれまでのカヤノは保護機能は強いものの、もう少し自然な接地で走れるのを好んでいたので普段のジョギングでは「GT-1000」シリーズを中心に使っていましたが、今作のカヤノのバランスの良さはとても気に入りました。

 

もちろん、以前より快適さが増したと言ってもカヤノらしい重量感もあるので、足を守りつつもより軽量性を重視する人は素材に以前から使われているフライトフォーム採用の「GT-2000 or 1000」シリーズを選ぶという選択肢もあります。

 

これまでカヤノが合わなかった、柔らかめのシューズが好きという人、新しいタイプのシューズが良いという人もぜひ試してみてほしいです。

 

 

トレーニングに適したシューズ

 

最近のシューズを色々使ってきて、普段のトレーニング(競技ランナーにとっても練習の大半を占めるのはジョギング)にはカヤノのようなサポートしつつ、自分の脚でしっかり地面を蹴れるシューズが良いのかなと思いました。

 

マラソンに向けての準備の初期段階では、ペースを決めず時間で行うロングジョグ(例えば2時間走)でも、終盤までしっかり足を支えてくれます。

 

川内優輝選手もジョグではカヤノシリーズを愛用しているようですし、欧米のランナーはかなり速いペースのロングランでもカヤノを使っているケースも見受けられました。


今持っているジョギングシューズではグライドライドは疲れていて楽に走りたい時、ノヴァブラストは気分転換して楽しく走りたい時(短めのジョグや少し速めのジョグ)、といった風に使い分けて走ってみようと思っています。

f:id:takemaru-yamasaki:20211203154431j:image

今回はまるランニングクラブでレンタルシューズ企画として約1ヶ月間使わせていただいてのレビューとなりました。

 

まとめ

 

評価…A

◎…安定性

◯…フィット感、クッション、反発、耐久性

-…価格、

△…軽量性

 

用途…ジョギング(ぼくの場合は4:30〜5:00/km)、脚作りとしてのロングジョグ(2時間以上の長時間走)

※ソールの耐久性は従来通り高そうだと感じましたが、長期間の使用ではないのでFFブラストの反発等の低下がどれくらいでくるかはまだわかりません。

 

▷GEL-KAYANO 28 メンズ

▷GEL-KAYANO 28 レディース

 

GEL-KAYANO 28 - 進化を続ける、28代目|アシックス公式

 

↓スタビリティモデルでシンプルな作りを重視しているのがGT-1000シリーズ

www.takemarun.com