まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

Kochi Marathon Runner Takemaru Yamasaki Official Blog まるランニングクラブ代表 Marathon 2:18:59(2019)/Half 67:02(2020)/10K-30:35(2020)/5K-14:43(2020)/3K-8:43(2018) /1500m-4:04(2020) 高知龍馬マラソン🥇 おかやまマラソン🥇

今週は、3度目の福岡国際マラソン。

 

いよいよ、今週は3度目の福岡国際マラソン

 

怪我も無く、順調に調子は上がっており、練習内容は昨年自己ベストを出した神戸マラソンより僅かに良い感じです。

 

秋のトラック強化路線も実を結び、5000mと10000mで自己記録を更新できました。

 

懸念要素としては、トラック練習期間が長く、マラソン特有要素が不足している事。

ハーフ〜マラソンペーストレーニングは3kmX4(3:10~15/km)を一回だけ、3月の東京マラソン以降一度もハーフマラソン以上のレースも一度も走っていないので、30km以降身体がどのような反応をするか、不安と楽しみが半々といった感じです。

 

走り込みはしっかりしているし、レースが無い春頃も地道にロング走を積んできたので、その成果が現れる事を期待しています。

 

前回の東京マラソンでは、高知県記録(2:16:33)を焦って意識し過ぎ、序盤から力んでしまった失敗もありました。今回は出場ランナーが100名以下で、集団から1人だけこぼれるような展開になるとかなりきつそうです。

 

今回は慎重に自分のリズムに合う集団を見つけ、ハーフ通過を1時間8分程度で通過するのが理想です。

 

目標タイムは2時間17分台とします。

 

 

福岡国際マラソンの思い出

f:id:takemaru-yamasaki:20201203162613j:plain

2013年の大会後のレセプション。レースのハイライト映像も流れ、会場が盛り上がりました。選手として走るとレースが生中継でじっくり見れないのが残念です…

 

福岡国際マラソンには2011年と、2013年の2度出場しました。

2013年は自己記録を更新しましたが、どちらも会心のレースとまではいかず、少し心残りはありました。

シンプルなコースのびわ湖マラソンに比べると、大都会の福岡を走るのは経験が浅かった当時は気遅れしてしまった部分もあるような気がします。

今は色んなレースを走り、自信を持ってレースに臨めるはず。

 

先行きが見えない世の中になり、マラソンに対する気持ちが定まらない時もありましたが、せっかく自分の努力で勝ち取った出場権、福岡国際マラソンを全力で楽しみたいと思います。

 

 

www.takemarun.com

前回の東京から9ヶ月ぶりのマラソン。この時はハイペースを意識し過ぎて撃沈してしまいました。マラソンには謙虚さも必要。