まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます

ぼくの必須ランニングアイテムまとめ【シューズ、時計、給水、ウェア】

今回はレースや普段のトレーニングで欠かせない、ぼくの必須ランニングアイテムを紹介します。

 

ランニングはそれほど必要な道具は多くないシンプルなスポーツではありますが、それゆえに身に着ける物は厳選して良い物を選ぶのはとても大切な事です。

シューズやドリンクは、RPG(ロールプレイングゲーム)でいうと、モンスターとの戦闘で使う装備品薬草のようなものでしょうか。

これらをうまく活用して経験値を稼ぎ、自分の走力をレベルアップさせていきましょう。

 

 

 シューズ&ソックス

 f:id:takemaru-yamasaki:20160906165021j:plain

・レースシューズ(3:30-3:00/km、またはそれ以上)… SORTIEMAGICシリーズ

・ロング走用シューズ(4:00-3:30/km)…  TARTHER シリーズ  

・ジョグシューズ (4:30-5:00/km) … GT-1000 or GT-2000   or DS TRAINER

・スパイクシューズ(トラックorクロスカントリー)… LD JAPAN

・レース用ソックス…ターサーソックス or プロパッドRソックス

 

陸上を始めた頃からアシックスのシューズを使い続けています。

他のメーカーも試したことがありますが、アシックスは土踏まずの内側にあるシャンクがしっかりしているシューズが多いので、偏平足気味のぼくには安心して履きやすいです。

 

レースやスピード練習で使うシューズは軽さと反発性を重視で160g前後、保護機能は必要最小限になっています。

特に学生時代から使っているソーティマジックシリーズは相当な信頼感があり、履き心地も接地感もよくフィットしているように感じます。

 

以前は長めの距離のレースではもう少しクッション厚めのシューズを使っていたのですが、RPシリーズから外側にスポンジソールがつき、フルマラソンでも使用して自己記録を更新する事が出来ました。

※RP3から廃止。やはり駅伝ランナーにはあまり必要無かったのでしょうか…残念。

  

ある程度のペースで走るロング走では200g前後のクッションと軽さのバランスがとれたシューズを使用します。

 ターサージャパンシリーズは昔からのモデルをほぼそのまま継承しているモデル。
最新のTARTHERZEAL は常にマイナーチェンジを繰り返しており、ジャパンと比べると重量が軽くクッションがやや硬めに感じます。

 

そして練習の大半を占める普段のジョギングで履いているのが300g前後のクッション厚めのシューズ。

普段のジョグ用のシューズは主に安価でクセの無いGT-1000シリーズを使っています。
もう少し高価でクッション性・耐久性に優れているのがGT-2000シリーズ、足型が細目である程度スピード練習にも対応したものがDSトレーナーシリーズで、気分によって使い分けています。

 

日本では競技者ランナーはターサークラス(もしくはもっと薄い)のシューズでジョグもするのが常識なので怪訝そうな顔をする人もいますが、海外ではトップランナーでも遅いペースのランニングは厚めのシューズで走ります。

また日本代表クラスのランナーである川内優輝選手や藤原新選手もジョグはGTシリーズを使用していました。
ぼくも普段のジョグは脚を鍛える事より守る事を第一に考えています。

 

最近は裸足感覚のシューズもお店ではよく見かけるようになりましたが、硬いアスファルトを走り込むには負担が大きいようにぼくは思います。


裸足ランを手軽に取り入れる方法としては、トラックの内側にある芝生のグラウンドで20~30分裸足でジョギングする、または動き作りや流しを入れると足裏の小さい筋肉の強化やフォーム改善に役立ちます。

 

スパイクは足先にピンがついているトラックレースクロスカントリーレース専用のシューズです。

ぼくの愛用しているLDジャパン は1500-10000mまで広くカバーしている万能なタイプのスパイク。

これで長い距離を走ると相当な脚への負担がかかるため、敬遠する長距離選手も少なくありませんが、トップランナーはほぼ全員が10000mでもスパイクシューズを履いています。最近はクッションもそれなりにあるものが増えてきました。

f:id:takemaru-yamasaki:20161101201919j:image

 写真は旧LDジャパン(下)と新LDジャパンの比較。新しい方は全面プレートでは無くなっており、また少し踵のクッションが厚めに見えます。旧タイプはかなり硬く感じます。

 

ぼくはトラックやクロカンレースではなるべくスパイクを履くようにしています。


多少のリスクはありますが、スピードを出すために必要な筋肉を鍛えるにはスパイクはうってつけなのです。

 

靴下(ソックス)も重要です。高校の時は学生がよく好むくるぶしタイプの短くて滑り止めがついている物を使っていましたが、追い込んだ練習をすると足の裏の皮が破けることがしばしばありました。

社会人になってマラソン用に少し厚めのレース用ソックスを履くようになってから皮が破けることはかなり減りました。

ぼくの右足は外脛骨の影響でソックスがズレて破けやすいのでジョグ時は安売りで沢山買ったスポーツ用ソックスを使っています。

 

 

 時計

 

f:id:takemaru-yamasaki:20160906200813j:plain

 

 ・ポラールM400 

 

もちろん時計もランナーの必須アイテムです。

最近は心拍計GPS、タイマーといった多機能のランニングウォッチが普及し、より普段のトレーニングをゲーム感覚で楽しみやすくなりました。

 

ただ試合になると、無心になるためとか、少しでも重りになる物を外すという目的で外すというランナーもいます。

ぼくもトラックレースではよく外して走りますが、マラソン大会ではタイムを細かくチェックしたいので、外して走ったことは無いですね。

 

また大会においては時計の役割はレース中だけではありません。
特に大きな都市型マラソンではウォーミングアップや荷物預かりが必要な時はスタート時間だけでなく整列時間もキッチリ把握して行動しなければなりません。

 

 

給水・補給食

 

・レース前orレース中…MUSASHIパワージェル(20km&35km)、水、100円ショップで購入したドレッシングボトル※スペシャルドリンクが置けるマラソン限定

・レースorハードな練習後…パワーバープロテイン・プラス

 

スペシャルドリンクが設置する事ができる大会ではぼくはMUSASHIをよく使っています。
そして後半の勝負所ではパワージェルと水を混ぜたもの置いています。

どちらもエネルギー補給に不可欠なマルトデキストリンが含まれています。
日本のスポーツドリンクではマルトデキストリンが含まれている物は少ないですが、やはり値段が上がってしまうのでしょうか。
ぼくも普段のトレーニングでは節約してただの水か、まとめ買いした安いスポーツドリンクを使っています。

トレーニング時は糖質をあまり摂らず脂肪を燃焼する能力を高めて、大事なマラソンではスポーツドリンクやジェルをしっかり補給するという理論もあるようです。

(Running on Empty)

 練習後に摂るパワーバープロテインプラスも値段は高めですが、激しいトレーニングの後に必要な栄養素が厳選されてはいっています。
日本で市販されているスポーツバーには添加物やトランス脂肪酸を多量に含まれた物も多いので成分はキチンと確認しておきましょう。

 

・ スペシャルドリンクが設置できないマラソンに出場する場合

龍馬マラソンではウェアのポケット、またはきつめのタイツにパワージェルを一個挟んで中間地点付近で摂っていました。


ぎふ清流ハーフマラソンで福士選手もコメントしていましたが、ある程度スピードを出している状態での紙コップでの給水はなかなか難しいです。

特に最近の都市型市民マラソンの小さい紙コップにほんの少しのドリンクが入った給水は、ぼくが下手なのもありますが取った時にはもうほとんど無くなっています…。


一方、ペットボトルはとても飲みやすいです。

海外マラソンでは水はペットボトルで出る事も多いようで、ゴールドコーストマラソンでは水の補給は非常に簡単でした。

オーストラリアあたりは特に水は貴重なはずですが、なぜマラソン大会ではこのような逆転現象が起こるのかはわかりません。

ある程度の高さがある紙コップなら潰しながら飲む方法で普通に飲めますが、初めて鼻に入った時はめちゃくちゃ苦しかったです。

 

 

 ユニフォーム・ウェア

f:id:takemaru-yamasaki:20160906164649j:plain

正直、ユニフォームにはそんなにこだわりは無いかな…

 

ぼくは黒色が好き、つい純ランニング用ないタイプのユニフォームが安売りしていたのでそれを長い事使っていましたが、最近はベーシックなタイプの赤色で落ち着きました。

 

黒は熱を吸収しやすい色と言われており、夏に開催される五輪・世界選手権マラソンで黒のユニフォームを来ている選手はほとんどいないはずです。

高知県も日差しが強く暑い日が多いですから、わざわざ黒にするメリットはあまりありませんね…残念。

 

陸上競技者用の短いユニフォームを初めて着た時は、誰もが多少恥ずかしさがあると思いますが、あっという間に慣れてしまいます。
本当に動きやすくて快適なので、ぜひ試してみてください。

 

あとは、ハムストリングスを痛めていた時期に、ミドルやハーフタイプのタイツをよく履いていた事がありましたが、これが故障予防だけでなく姿勢も整えられフォームが良くなる感じがあり、なかなか良かったです。

ただユニフォームの色が変わってしまったこと、インナーを履くの面倒なことから最近は試合ではあまり使わなくなりました。練習ではよく使っています。

 

ランニング ハーフタイツ

メンズサポーター

 

 

もちろん必須アイテムはランナーのレベルや目的によって異なります(今はスマホが必須アイテムというランナーも多いはずです)。

さらに大会になると走る以外でも準備しなければいけないものが数多くあります。忘れないようにチェックリストを作っておくのもいいですね。

 

関連記事