まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます

がんばれ高知工業。都大路の思い出

2015-10-21-19-46-29
先日防府読売マラソンのプレビューを書いたばかりですが、なんと全国高校駅伝も同じ日・ほとんど同じ時間帯に開催されます。

ぼくは多分防府をブルーレイに録画しながら、チャンネルを変え変え観る事になるんでしょうが…あ、練習もしなきゃ‥

今年はぼくの母校、高知工業がなんと7年振りに全国の舞台で走ります。
image
(高知新聞18面12月19日付)

ぼくの時代は県内では高知工業が圧倒的に強く、ぼくもちゃっかり3年連続全国高校駅伝に出場しています。
でも正直、全国の舞台はあまりワクワクできませんでした。


ぼくの都大路
2015-10-21-19-43-47
3年連続出場したものの、順位はどの年も30~40番台。
チームメイトが悪かったとかいうわけではなく、ぼくの順位も特に良くはなかったですし、あまり印象に残る事はありませんでした。
駅伝って、1区以外はヨーイドンじゃないので、誰かと競ってる感が薄いんですよね。
近くに競る相手がいても、自分とか相手の事より、チームの事を考えるわけです。
やはりぼくは、ライバルとガチンコで競う方が燃えるようです。

最後の3年生の時は怪我をして1区を走るチャンスを逃してしまい、個人ではインターハイも国体も行けなかったので高校時代は一度も全国を"体感"する事は出来ませんでした。

ただ、高校生の時のぼくの視野がもう少し広ければ、県外の選手の様子とか、大会の雰囲気とか、京都の町の雰囲気でも良いと思います。まだまだ学べる事があったと思うのです。

1人1人がテーマを持って
高知の中だけにいると、視野が狭くなってしまいがちです。
でも、だからこそ一旦外に出ると色々な事を吸収できるとも思うのです。

せっかく全国の舞台です。選手1人1人が自分なりのテーマを持って、何かを掴んで高知に帰ってきてほしいと思います。

山は高いけれど、一歩づつ着実に。がんばれ高知工業。

 


ランニングを通して学んできた事を沢山の人にお伝えする講演活動も行なっています。

山崎竹丸のプロフィール