まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます

2015-2016シーズン振り返り[秋の故障、マラソンPB、国際大会への挑戦]

一応、例年通りゴールドコーストで一旦シーズン一区切り、四国選手権からスタートということで、改めて2015-2016年シーズン(8月の四国選手権からゴールドコーストハーフマラソンまで)を振り返ってみました。

四国選手権~大田原マラソン


image
ゴールドコーストマラソン後はほぼ1ヶ月のオフシーズン。
8月下旬の四国選手権10000mでは今までで最高順位の4位。
まさかの結果に驚きましたが、自力がアップしているのを実感できました。

幸先の良いスタートのように思えましたが、そこから9月に突然謎の足首故障。

ここ数年練習をストップするような故障はほとんどしておらず、まだそれほど追い込んでない時期での痛み発生にはかなり焦りました。どうやらインソールの交換が原因だったようです。

さらに故障の影響でフォームのバランスが崩れたことから足底筋膜炎も引き起こしてしまいます。

 

www.takemarun.com

 

 

www.takemarun.com

 



それでもなんとか高知県代表の四国駅伝と優待選手扱いの大田原マラソンという責任のある役目を果たすことができました。

 

www.takemarun.com

 





ボロボロのレースとなった大田原マラソン。どちらかというと悔しさよりは、困難な状況を乗り切った安堵感の方が強かったです。


高新ロードレース~びわ湖毎日マラソン



2016-03-07-08-30-23
-Photo by Kawaguchi

故障は再発の不安もあったものの、とりあえずトレーニングは継続。
もう責任のあるレースは終ったので、少し違和感があればすぐ休んでしまえばいいと思っていました。

実際ハムストリングス痛もあったりして、様子を見ながらの調整。

市町村対抗駅伝、丸亀国際ハーフと好調時と変わらないパフォーマンスで走れ、びわ湖マラソンに向けて自信を深めました。

2月には完全に身体の不調が無くなり、川内鴻輝君と30km走を3:38/kmペースで走れた時には自己ベストを狙える体調である事を確信しました。

 

www.takemarun.com

 




びわ湖マラソンでは当日気温が20度前後という季節外れの厳しい条件になりましたが、2時間22分48秒と2年3ヵ月ぶりにフルマラソンの自己記録を更新。

マラソンでも確実に進歩できていることを確認できたぼくの次の目標は、ハーフマラソントップランナーに勝負を挑む事でした。

 

www.takemarun.com

 





2016-04-18-19-54-03
かすみがうらマラソン(10マイル)では念願の藁納豆はGETできたものの、無茶な日程でヘトヘトになり、さらにスタートの整列も遅れかけ、先頭集団とは全く勝負できない散々なレースになってしまいました。

 

www.takemarun.com

 



2016-05-16-11-17-20

それなりに調子は上がってきたはずだったぎふ清流ハーフマラソンでも、目標を大幅に下回る1時間10分台に終わります。

かすみがうらの反省を活かしてスムーズな遠征はできたものの、ここでも実業団・学生選手との待遇の違いは変わらず(まともなアップ場所が無い、スタート前の待ちぼうけ)、レース後に知らないおじさんから”いつも女子の先頭についていく色物ランナー”扱いされ、明るい未来が見えない状況になってきました。

2016-06-19-11-44-26
神鍋高原マラソンでは団体の部優勝。しかしここも偉大な四国の先輩ランナーにはまったくついていけず、レース序盤から強い倦怠感が襲いました。もうダメかも…

 

www.takemarun.com

 
image
県選手権2種目制覇、西条記録会5000m15分04秒といくつかは納得いく内容のレースもありました。

 

www.takemarun.com

 

 

www.takemarun.com

 

やっとやりたかったレースができたゴールドコーストハーフマラソン




image

最後のスピード調整、さらにオーストラリアの乾燥した空気がぼくの脚をフレッシュな状態に戻してくれたようです。

ゴールドコーストでは基準タイムを突破したランナーはスタート直前もコース上で”流し”をさせてくれたのもぼくにとっては涙が出るほど嬉しいことでした。

序盤の1km3分前半のペースに身体がよく反応し、中盤で身体が固まってしまったものの、後半もなんとか粘って自己3番目の記録で17位。

6時スタートの寒さ対策不足、あと一歩の所で自己ベスト更新を逃してしまったことに反省する点はありましたが、やっとハーフマラソンでぼくのやりたかったレースができました。

 

www.takemarun.com

 



1年を振り返って…


1年を振り返ってみると、うまくいった部分と、そうでない部分が半々くらいだったでしょうか。
特に4月以降の大会は、思った以上にうまくいかないことが多かったものの、一歩踏み出したことで本当に沢山の学びがありました。


高知で走る楽しさを伝えるトレーナーとしては、応援してくれる人達の後押しもあって5月から自主開催の「まるランニングクラブ」も発足させていただく事になりました。

あ、ブログ「まるランニングマガジン」もスタートしましたね。


この1年、色んな事にチャレンジし、自分の状況や考え方にも変化がありました。

変わるのは怖い時もあります。

今までも沢山失敗はしてきたし、後でクヨクヨすることもあります。

でもまだぼくはこの回り道を楽しんでいきたいです。


今年はもう少しゴールに近づけるでしょうか。