まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます

オーストラリア三大マラソンが開催される都市を徹底比較[ゴールドコースト・シドニー・メルボルン]

オーストラリア3大マラソンが開催されるゴールドコーストシドニーメルボルン全ての都市を訪れたので、それぞれの独特な魅力をまとめてみました。

時差が少ないので体調を整えやすく、観光地としても魅力的なオーストラリアで海外マラソンを走りたいと思っているランナーは多いと思います。まだ海外の経験は浅いぼくですが、この記事が参考になれば幸いです。

 

やっぱり初海外マラソンはゴールドコーストがおすすめ


2016-04-02-15-26-41
まずぼくがシドニーメルボルンのマラソンを出てないのを前置きしておく必要がありますが、マラソン大会自体の質の高さ、力の入れようは完全にゴールドコーストマラソンが一番だと思います。


国際陸連最高のゴールドラベルに格付けされており、日本の招待選手も沢山出るのでコースですれ違う部分はテンション上がりますよ。川内優輝選手は2012年から毎年出場しています。

またぼくレベルのランナーもしっかりHPで紹介してくれるのも嬉しい所です。


同じ国際陸連ゴールドラベルのシドニーマラソンは、エージェントGENさんのブログによると大会運営はかなりアバウトのようです。
http://blog.goo.ne.jp/gyanagihara/e/4e136a417162c65c95029989ccc467f9

市民ランナーにとっても競技面がしっかりした大会の方が安心だと思いますよ。

コースもほとんどアップダウンが無く、やはり海外マラソン初めてというランナーはゴールドコーストが一番オススメですね。


まさにサーファーズパラダイス!眩し過ぎる太陽と透き通る海


2014-07-06-14-06-16
日本のむっし蒸しした夏から抜け出して、爽やかなゴールドコーストの空気に触れると本当に体調が良くなってきます。

南半球で季節が反対ということで、冬の気候がどんな感じか聞かれることが多いのですが、ゴールドコーストの冬は温暖で気温は10~20度。雨はほとんど降らず、極端に冷え込むこともないので、とても快適な気候です。

2016-07-02-04-59-53
しかし非常に空気が乾燥しており、早朝は気温以上に寒く感じると思います。ぼくも今年はちょっと失敗してしまったんですがマラソン当日の準備は注意が必要です。

2015-07-05-09-14-38
そして一旦太陽が出ると本当に日差しが強いです。日差しを浴び続けていると頭痛がしたり、ドライアイになってしまう可能性があるので気をつけたい所です。サングラスと帽子は必ず持っていきたいですね。

2015-07-05-09-13-02
マラソンを走った直後に海でアイシング!これはゴールドコーストマラソンならではの風景です。


2016-07-03-14-20-43
今年は行きはブリスベン空港、帰りはゴールドコースト空港という少し変則的なフライトでした。
大きくて便の多いブリスベン空港を利用する人も多いのですが、やはり地元のゴールドコースト(クーランガッタ)空港の方が近くて便利だなと思いました。


ゴールドコーストマラソンは日本は梅雨頃の7月第1週開催。LINKは日本事務局HP
http://www.gcm.jp/


ちなみに8月上旬にブリスベンマラソンも開催されます。
http://www.brisbanemarathon.com/

クイーンズランド州の首都・ブリスベンで行われるマラソンですが、日本事務局もなく、あまり知名度も高くないようです。


人気No.1という土ボタルのツアー、なかなか行く機会がありません。行ってみたいなぁ。
https://tour.his-oceania.com/city/ool/list.php?tgt=480



街中がアートなメルボルン


2014-07-08-10-31-31
1回目のゴールドコーストマラソンを走った後に訪れたメルボルン
街全体がアートといった感じで到着してすぐに引き込まれます。

2014-07-08-14-41-28
街では至る所で、大道芸や路上ライブが行われており、街をブラブラ歩くだけでも楽しいです。

2014-07-11-12-45-30
シティを少し離れると落ち着くヤラ川の風景。


2014-07-11-14-02-31
トラムを使ってメルボルンマラソンのコースも周ってみました。

色々な名所を回り、後半は上り坂もあるコースですが、湖の周りや海岸線を走る所が多く、割と気持ち良く走りやすそうなコースなのではないかと思いました。


カフェとグルメを満喫


2014-07-07-15-21-59
パリを抜いて世界一カフェが多いと言われるメルボルン。美味しいコーヒーはもちろん、お店の雰囲気でも楽しめます。

2014-07-15-10-06-41
多文化主義(マルチカルチュラリズム)が根付くメルボルンには世界中の様々な食材が集まり、オーストラリア随一のグルメの街としても発展しました。

2014-07-09-12-19-43
アジア料理も豊富で、割とリーズナブルに楽しめます。

2014-07-11-12-34-31
またメルボルンはスポーツ文化が盛んな地域でもあります。
テニス4大大会の全豪オープンが開催されるメルボルンパークにも行ってきました。

2014-07-13-12-54-01
メルボルンから車で1時間ちょっとの所にあるバハラットは豪州ランナーのメッカ。
東京国際マラソンでも優勝したスティーブ・モネゲッティさんが練習していたウェンドリー湖周回コースは一つの名所になっていました。


メルボルンの気候はなかなか曲者。


欧州風の建物が特徴のメルボルンは気候も欧州っぽく、冬に雨が降りやすいのです。
しかも急に降ったり止んだりすることが多いので、傘を慌てて買いにいったりしました。

でもこちらも冬の最低気温が5~10℃程度、曇り~小雨くらいなら空気がしっとりなってぼく的には割と過ごしやすかったです。


メルボルンマラソンは10月下旬開催。LINKは日本事務局HP
http://www.melbournemarathon.jp/


美しい港と大きな公園のシドニー


2016-07-04-11-04-33
そして今年初めて行ったのがオーストラリア最大の都市シドニー
世界三大美港と言われるシドニー湾の景色には感動しました。

2016-07-04-11-15-52

2016-07-04-12-11-20
シドニーマラソンでは港の周りも公園の周りも走る盛りだくさんのコースになっています。

あと、シドニーの地形の印象として”結構坂が多い”なと思いました。

シドニーマラソンは三大マラソンでは一番タフなコースと聞いていましたが、なるほど納得。
ただ今年からコースが変更になり、いくつかアップダウンが無くなったようなので程よく走りやすくなっているかもしれませんね。

シドニーも美しい建物やグルメも沢山あるので、メルボルンのような楽しみ方もできます。
2016-07-05-17-28-07
セントメアリー大聖堂。

2016-07-04-08-35-19
フィッシュマーケットは新鮮な魚介類が食べれる観光スポットになっています。


スポーツにはうってつけのシドニーの気候


そして一番快適で過ごしやすいのはシドニーの気候ではないかと思いました。
7月のシドニーは冬らしい空気でしたが、それでも最低気温は7度程度。雨はあまり降りません。

日差しが出るとポカポカ暖かく、スポーツをするにはうってつけの気候ではないでしょうか。

夏はたまにもの凄いヒートウェーブがやってきて40度を超える時があるそうですが…。

なんにせよ、四季が激しい日本と比べると1年を通して穏やかな天候のオーストラリア。
こんな所で暮らしたら、のんびりゆったりした性格になるんだろうな~と思いました。


気持ちの良い空気の中、自然いっぱいの公園でスポーツを楽しむ人達。

ぼくにとって、オーストラリアの一番好きな所はこういう雰囲気のような気がします。
2014-07-13-12-58-16


シドニーマラソンは連休時期になることが多い9月中旬開催。シドニーは羽田直通があるので地方からも参加しやすいのもポイント。LINKは日本事務局HP。
http://www.sydneymarathon.jp/


・提携大会
名古屋シティマラソン

http://city-marathon.nagoya/

かすみがうらマラソン
https://www.kasumigaura-marathon.jp/