まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます

要注意!海外マラソンの記録を”公認”してもらうためには事前に申請が必要

海外マラソン(ロードレース)に出場する際、そこで出した記録を”公認”してもらうためには、陸連に申請が必要だって知ってましたか?

IAAFゴールドラベルのゴールドコーストマラソンはもちろん公認のコースですが、海外レースではそこで出した記録がそのまま”公認”されるわけではないのです。
これは日本の主要マラソン(東京・びわ湖・福岡、大阪女子、名古屋ウィメンズ、埼玉国際等のエリート部門)の標準記録突破を目指すランナーにとってはもの凄く重要なことですね。

ぼくは昨年エージェント・Yanadaに教えてもらって初めて知り、本来なら1ヶ月以上は前にしなければいけない所を、ゴールドコーストマラソン出発する数日前のかなりギリギリになって申請してしまいました。


http://www.jaaf.or.jp/athlete/regist/overseaentry.html
↓以下日本陸連HPより

海外競技会やマラソン・ロードレースに出場する
日本陸連登録者のための手続きについて

マラソンブームの昨今、海外マラソンに参加する日本陸連登録者も増えています。
なかには、“公認”記録にこだわるランナーもいます。日本国内で参加標準記録が設定されているレースに出場するためには、“公認”記録が必要だからです。

1.海外の公認レース

記録が公認されるためには、公認レースに出場しなくてはなりません。
日本国内であれば、制度がしっかりとしており何の問題もなく確認できますが、問題は海外レースです。
世界に数あるレースで、どのレースが公認なのか、わからず悩んでいるランナーも多いようです。

目安となるのは、国際陸上競技連盟(IAAF)が、そのホームページに毎年、発表している世界陸上やオリンピックのマラソンに出場するための参加標準記録資格対象レース一覧です。
(例)世界陸上北京の対象レース一覧
https://iaafmedia.s3.amazonaws.com/competitioninfo/cffcd332-2111-4db3-9dc4-34de5890c7a3.pdf

これらレースは、IAAFの公認自転車計測員のうちB級以上がコース計測を行い各国陸連が承認していますので、公認の対象とみなされます。
日本人選手が多く出場するホノルルマラソンは、このリストには掲載されていません。ホノルルは、アメリカ陸連のホームページで、IAAF公認自転車計測員が計測した同陸連が認めるレースであることが公になっているので、公認の対象であることがわかりますが、先のIAAFによるリストにないレースに出場する際には、十分な確認が必要です。

2.英文資格証明書

公認レースに出場しても、そのまま記録が公認されるわけではありません。
参加するランナーが陸連登録していることが、大前提です。
さらに、厳密には、もうひとつの手続きが必要となります。

陸上競技ルールブックの国際陸上競技連盟競技会規則及び国内適用 第1章「国際競技会及び日本国内競技会と出場資格」の国内適用5項「国際競技会の参加許可」には、「登録会員が外国で行われる競技会に出場するときは、その所属する本連盟加盟団体を通じて、本連盟の参加許可証と本規則第1章と第2章によって競技者であることの証明書の発行を申請しなければならない。ただし、その競技会がおこなわれる国のIAAF加盟団体によって承認された競技会でなければ、本連盟はその競技会の参加許可証を発行しない」と定められています。

この規則に従い、日本陸連から英文の参加許可証(資格証明書)を発行してもらう必要があるのです。
これは世界共通の国際ルールなのですが、知らないランナーがほとんどです。

この手続きを取らないと、陸連登録者が海外の公認レースを走り、ある国内レースの参加標準記録を突破したとしても、参加が認められない可能性があります。
出場したレースの記録を提示するだけで、参加を認めてくれる国内レースも中にはありますが、かなりリスキーです。

参加許可証(英文資格証明書)の申請にあたっては、所属する加盟団体(都道府県陸上競技協会)経由で、日本陸連に申請することになります。発行費用は、無料ですが、加盟団体によっては、事務処理経費が請求されることがあります。

日本陸連が発行した英文証明書は、申請者に届けられるだけでなく、レースが開催される国の陸連にもメールされます。
この事前通知も国際ルールです。
海外レースで好記録を出すことができて、帰国後、参加標準記録が設定されている国内レースにエントリーするときには、この英文証明書とレースの公式記録を添えて、提出すれば手続きとして確実です。

なお、この手続きは、マラソンに限ったことではなく、陸上競技全般に共通です。



加盟団体(都道府県陸教)に申請書を提出


高知陸教に申請書を提出すればいいことがわかったので、慌ててHPに載っていた必要な項目を書いて送りました。

すると数日後、こんな感じのメールと、添付ファイルが届きました。

"高知陸協経由で申請ただいた海外大会出場のための資格申請書をお届けします。
添付書類をご確認ください。
英文の証明書は、開催国であるオーストラリア陸連にメールで送付しております。
 
今回の申請書が届いたのは、大会開催の2日前でした。
次回、申請の際は、少なくとも1か月ほどの余裕を持ってお願いいたします。"


ご、ごめんなさい…

2016-07-13-22-23-48
日本語と英語の添付ファイルが送られてきます。


あまりのギリギリっぷりに、念を押して注意されてしまいましたが、これで準備完了!
ぼくは安心してゴールドコーストに旅立ったわけです。


しかし、今年はハーフマラソンにしたからか、昨年あれだけ慌てた申請をすっかり忘れてしまいました。
丸亀国際ハーフマラソン(男子Aグループ・1時間8分以内)は大丈夫かなぁ?
まぁいつでもどこでも1時間8分くらいは余裕で切れる!ってなれば何の問題も無いんだけど…


・お知らせ
高知で走る楽しさを伝えるための活動しています。ランニング教室、個人/団体レッスン、講演、大会の招待/ゲストランナー、取材・メディア出演等の依頼はコチラから

山崎竹丸のプロフィール

まるランニングクラブ
Facebook/Twitter/Instagram/STRAVA