まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます

【南半球最高峰のランニングフェスティバル】ゴールドコーストマラソン2016 Elite Fieldを紹介[ぼくも載ってます!]

ぼくが初めて出場した2014年から国際陸連(iaaf)のロードレース格付け最高のゴールドラベルに認定され、さらに進化し続けるゴールドコーストマラソン。
2016-04-02-15-26-41

2015年には9月のシドニーマラソンもゴールドラベルに格上げされましたが、 Elite Field(招待選手)の充実ぶりは比較にならず、さらにハーフマラソンの部ではオセアニア選手権も併設されています。

もちろん市民ランナーにも人気で、日本だけでなく、中国・台湾といった他のアジアからの参加者も年々増加しており、まさに南半球最高峰のランニングフェスティバルと言っても過言ではないでしょう。


Fastest marathoner on Australian soil returns to the Gold Coast
http://goldcoastmarathon.com.au/2016/06/01/fastest-marathoner-on-australian-soil-returns-to-the-gold-coast/


近年盛り上がっているアフリカ勢vs日本勢に加え、今年はお馴染みモンゴル代表のセルオド・バトオチル選手も参戦。”Mr.Gold Coast川内優輝選手は5年連続の出場、女子の部では”SUB-2:20”のレジェントランナー・渋井陽子選手の出場が発表されました。

またゴールドコーストマラソンの特徴として、男子なら2時間20分前後の国際的な準エリートランナーにもスポットを当ててくれるのも嬉しい所です。

 

ぼくは昨年・一昨年共に錚々たるElite Fieldメンバーの中に載せていただきました。
・2015 ・2014
次はもっと良い記録を出して堂々とリストに載れるよう頑張りたいですね。

Elite Field Men

Peter Some (KEN) 2:05:38
Kenneth Mungara (KEN) 2:07:36
Arata Fujiwara (JPN) 2:07:48
Yuki Kawauchi (JPN) 2:08:14
Beraki Zerea (ERI) 2:08:27
Willy Koitile (KEN) 2:08:32
Ser-Od Bat-Ochir (MGL) 2:08:50
Milton Rotich (KEN) 2:08:55
John Cheruiyot (KEN) 2:08:56
Birhanu Achamie (ETH) 2:09:27
Chiharu Takada (JPN) 2:10:03
Abraraw Misganaw (ETH) 2:10:22
Abdelhadi El Hachimi (BEL) 2:11:30
Tatsunori Hamasaki (JPN) 2:12:12
Saeki Makino (JPN) 2:15:22
Chia-Che Chang (TPE) 2:16:06
Byambajav Tseveenravdan (MGL) 2:16:26
Shota Jige (JPN) 2:17:06
Ben Ashkettle (NZL) 2:19:16
Munkhbayar Narandulam (MGL) 2:19:36
Daniel Daly (CRO) 2:20:36
Patrick Nispel (SUI) 2:22:26
Agus Prayago (INA) 2:23:29
Tony Payne (NZL) 2:24:55

Elite Field Women

Yoko Shibui (JPN) 2:19:41
Gulume Chala (ETH) 2:23:12
Meseret Biru (ETH) 2:23:26
Wei Wei Sun (CHN) 2:25:15
Meseret Tolwak (ETH) 2:27:17
Leah Kiprono (KEN) 2:27:40
Misato Horie (JPN) 2:27:57
Rika Takenaka (nee Shintaku) (JPN) 2:29:27
Agnes Mutune (KEN) 2:30:13
Hitomi Nakamura (JPN) 2:33:23
Sakie Ishibashi (JPN) 2:41:27
Yui Sugitani (JPN) 2:42:01
Katie Kemp (NZL) 2:42:35
Kirsten Molloy (AUS) 2:43:43
Victoria Beck (NZL) 2:43:45
Khishigsaikahn Galbadrakh (MGL) 2:44:16
Timea Merenyi (HUN) 2:45:11
Alice Mason (NZL) 2:45:43
Jules Bennett (AUS) 2:46:23
Chi Ngan Chow (HKG) 2:47:17
Rachel Glasson (AUS) 2:47:57
Clare Geraghty (AUS) 2:48:35


※IAAFゴールドラベルの基準について
2時間10分を切る選手を異なる国から5名以上招待し、その他にも国際的なテレビ中継やメディア対応、ドーピング検査といった様々な基準をクリアした大会に与えられる。

 

 

ゴールドコーストハーフマラソンのエリートランナーも発表。ぼくも載ってるじゃないですか!

 
日本の三本柱になってしまいました!マジですか〜
 
プレッシャーありますけど、載せていただいて本当に主催者の方には感謝です。
期待に応えられるようがんばりたいです。
 
 
 
 
The three-pronged Japanese attack on the race will be led by Hiroyuki Sasaki (pb 1:02:36) with countrymen Masaya Kakihara (pb 1:04:14) and Takemaru Yamasaki (pb 1:07:32) also capable of reaching a new level in performance this weekend.
 
 

Men

Hiroyuki Sasaki (Japan)
Jeffrey Hunt (NSW)
Scott Westcott (NSW)
Masaya Kakihara (Japan)
Duer Yoa (VIC)
Hugh Williams (ACT)
Josh Harris (TAS)
Courtney Carter (NSW)
Aaron Pulford (New Zealand)
David Carver (Mauritius)
Brady Threlfall (VIC)
Bradley Croker (ACT)
Joshua Torley (ACT)
Dejen Gebreselassie (TAS)
Takemaru Yamasaki (Japan)
Nick Earl (VIC)
Jack Colreavy
Dylan Evans (TAS)
Paul Morgan (SA)

 

 

Women

Yuko Watanabe (Japan)
Cassie Fien (QLD)
Yiu Kit Ching (Hong Kong)
Sinead Diver (VIC)
Virginia Moloney (VIC)
Rowan Marie   Torckler (New Zealand)
Ruth Wilson (TAS)
Cassie Higham (VIC)
Tracey Austin (VIC)
Stephanie Auston (NSW)
Tennille Ellis (QLD)
Sophie Ryan (VIC)
Bronwyn Humphrys (VIC)
Belinda Martin (NSW)
Amy Mattiazzi (NSW)
Lauren Shelley (WA)
Julie Norney (VIC)
Emily Donker (QLD)
Kate Coburn (NSW)