まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます

まだ知らない?アスリート版SNS・STRAVA(ストラバ)に注目

昨年2月に初めて購入し、今ではランニングするうえで欠かせないアイテムになっているGPS機能付きウォッチ。

今回はそのGPSウォッチを活用して、トレーニングデータを世界中のアスリートと共有できるウェブサービスSTRAVA(ストラバ)について紹介します。


まだ日本では知る人ぞ知るという存在ですが、海外ではワールドクラスのランナーも活用して注目を集めており、持久系アスリート版SNSとしてジワジワ広がりを見せています。


世界クロスカントリー6位、北京世界選陸上5000m6位という実績を持つベン・トゥルーはなんと毎日のトレーニング内容を全て公開しています。
https://www.strava.com/activities/604341343

オーストラリアの10000m記録保持者ベン・セントローレンスもトレーニング情報をマメに更新しています。
https://www.strava.com/activities/590503120


ぼくの使っているPOLAR(ポラール) M400では、パソコンに繋げて充電する時にPolar Flowというウェブサービスに練習データを送信し、さらにそれをSTRAVAと連動させることもできます。
もちろんガーミンやスントといった、他のメジャーGPSウォッチとの連動も可能です。
image
レースもこのとおり。
インターバル等(例・400m×15つなぎ200mjog)複雑なトレーニングの詳細内容は後で自分で追記しなければならないので、気が向いたら更新する感じになってしまいますが…

2016-06-10-22-41-04

2016-06-10-22-41-30

ちなみにプライバシー・安全性の保護のためにGPSのコースを非公開にすることもできるようです。

STRAVAを使い始めて半年ほど経ちましたが、今の所は他のランナーのデータを見る方を楽しくて、毎日チェックしています。

フェイスブックから簡単に登録できるので、見る専門でも楽しめるサービスになっています。


他にも登録されたコースを使ったタイムトライアルクラブチームを作る機能もあるので、もう少し色々な使い方を試してみたいですね。


STRAVAをフル活用しているという方!ぜひこんな楽しみ方あるよ、というのを教えていただけると嬉しいです。

このブログを見てなんとなくやってみたくなったという方、フォロー歓迎しております。

Yamasaki Takemaru
https://www.strava.com/athletes/12629391


 

www.takemarun.com