まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます。まるランニングクラブ代表

濃密な2日間。宿敵(とも)との再会、新たな出会い。楽しかった神戸マラソン舞台裏

神戸マラソンレース以外の舞台裏を振り返っていきます。 

 

 

 

レース前日・エキスポ、ルールミーティング、レセプション

f:id:takemaru-yamasaki:20191121112654j:image

バスは短い休憩時間しかなかったので、途中の自動販売機で焼きおにぎりとどん兵衛を買って昼食としました。


f:id:takemaru-yamasaki:20191121112705j:image

招待・ゲストランナーの拠点となるポートピアホテルに向かうバスで、東京クラブチーム遠征でもお世話になった吉本芸人ランナーのがんばれゆうすけさんと再開。

これはゆうすけさんも出演されている大河ドラマいだてんのポーズ。

 

ここでプレス工業の坂本さんとも初対面。川内鮮輝くんと練習も行なっているそうで、今回ライバルになる選手だとマークしていたのですが、坂本さんも以前からぼくのことをとても注目してくださったようで、色々情報交換もしてとても有意義な時間になりました。


f:id:takemaru-yamasaki:20191121112630j:image

給水テーブルを確認。ちゃんと取れるといいなぁ。


f:id:takemaru-yamasaki:20191121112633j:image

チェックインまで少し時間があり、今年はエキスポに行ってみました。

ホテルのすぐ近くで、ゆうすけさんに案内してもらいました。


f:id:takemaru-yamasaki:20191121112625j:image

コースの模型。なかなか素晴らしいデキですが、高低差はわからない模様。


f:id:takemaru-yamasaki:20191121112702j:image

神戸といえばアシックスの本拠地。新商品の「グライドライド」の試し履きが行われていたので寄ってみました。


f:id:takemaru-yamasaki:20191121163638j:image

靴の中に段差がついているような感じになっていて、本当に新感覚!

初めはなんだか走りにくいような感じもしましたが、接地感が本当に柔らかく優しい。

ある程度ペースを上げるとどうなるか気になるし、マラソン後のリカバリージョグにも良いのではないかとも感じました。

ナイキの厚底シューズが一大ムーブメントを起こし、これからまたアッと驚くようなシューズが続々と出てくるかもしれませんね。長く走り続けていると色々面白いことが起こるものです。

グライドライド

 

この他にも、アシックスランニングナビゲーターをしているゆうすけさんから色々と情報を教えていただき楽しかったです。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191121233743j:image

そして一番行きたかったのが、提携しているゴールドコーストラソンブース。

日本事務局の方と川内選手のお母様にも再会できました。

ゴールドコーストラソン代表のつもりでがんばってきます!

 


f:id:takemaru-yamasaki:20191121112713j:image

外の様子。お祭りみたいで楽しそうな雰囲気です。かといってそれほど混雑しているという感じでもなく短い時間で楽しく見れてよかったです。

 


f:id:takemaru-yamasaki:20191121233923j:image

この後チェックイン、昨年と同じく16時からテクニカルルールミーティングに出席。

 


f:id:takemaru-yamasaki:20191121112657j:image

18時からレセプション。招待選手の後は、ゲストランナーの紹介。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191121163934j:image

食事は昨年の選手の意見が取り入れられたそうで、白米やトマトソースパスタといったシンプルなカーボローディングメニューが追加されていました。

 


f:id:takemaru-yamasaki:20191121112708j:image

ゴールドコーストラソンチームの方々とも再開し、大会に出場した事ある招待選手メンバーで記念撮影。左からMr.神戸マラソンの地下さん、鮮輝くん、ぼく、坂本さん。

また来てくださいねー、との呼びかけに、「来年はもう住んでるかもしれません」とぼく。


f:id:takemaru-yamasaki:20191121112649j:image

たっぷりかつ慎重に炭水化物を溜め込み、あとは部屋で給水とユニフォームの準備をして寝るだけ。

 

レース当日
f:id:takemaru-yamasaki:20191121112720j:image

5時ちょい過ぎに起きてビュッフェで朝食。朝食は特にあまり余計なものは食べないようにしているのですが、昨年我慢したブラウニーを鮮輝君は一個食べたと聞いて、ぼくも今年は食べてみました。

18分台の後押しになった!かも。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191121162813j:image

レース前。ブリスベンで友達になったエイダンさんと記念撮影。レセプションの時も色々お話して、ぼくはそんなに英語は喋れませんが、わかりやすくブリスベンでのトレーニングのやり方を教えてくれました。

レースは先月のメルボルンハーフマラソンで自己記録を更新した時に足を痛めてしまい、あまり良くなかったようです。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191121162943j:image

時間は飛んでレース後。あいたたた…。身体中が痛い。

レース後はアスリートラウンジでホテルでシャワー、軽食も提供していただきました。

神戸マラソン主催者の方々の温かいおもてなしには本当に感謝です。

 

ちなみに今回の優勝タイムは2時間8分台とコースレコードを大幅に更新。我々の後方集団も含め好記録が続出し、来年以降国際陸連シルバーラベルも狙えるのではと、ますますワールドクラスの大会に成長しそうな雰囲気でした。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191121162744j:image

ゴールドコーストラソンマクドナルドさんと記念撮影。社長のキャメロンさんは今年は多忙で来れなかったようです。


f:id:takemaru-yamasaki:20191121162751j:image

レース後、5位に入ったウェルデュ・ネガシュ選手と。エリトリアから帰化したノルウェー代表の選手で、ドーハ世界選手権も24位と健闘、そして1ヶ月半後に神戸入賞とタフですね。ちなみに話題の五輪マラソン開催地変更について意見を聞いてみた所、「サッポロ!」(の方がいい)と言ってました。


f:id:takemaru-yamasaki:20191121162748j:image

三宮駅に行くバスの前で、女子の部で優勝した山口遥選手にお会いでき記念撮影。

並み居る強豪海外招待選手を倒して2時間27分台の大会新記録を出したのは実業団チームに所属していないアマチュアランナー!有名外国選手とお話するような気分になり、はしゃいでしまいました。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191121173830j:image

今回は次の日、関空からジェットスターで税込1290円の席が取れたため、快適に帰れました。

飛んだら30分ほどで高知に着きとっても楽チン。ちなみに高知〜関空線は苦戦しているようで、まだきちんと定着する前に土曜の便が無くなってしまいましたが、やっぱり便利です。皆さんぜひ乗ってくださいね〜。

 

 

f:id:takemaru-yamasaki:20191121235441j:image

無事帰宅。前回と違い入賞の戦利品はゲットできませんでしたが、それでも完走メダルはうれしいものですね。

レースの環境的には恵まれてない高知ですが、比較的近い神戸で、全国、そして国際的なランナーが集まりとても刺激的な2日間になりました。

 

出会いと、このような機会を与えてくれた神戸マラソンに感謝です。

 

 

長野ではこんな感じでした↓

www.takemarun.com