まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます。まるランニングクラブ代表

燃え尽きた…富士吉田火祭りロードレース振り返り[ワースト記録更新]

 陸上人生で最も過酷なレースの一つとなった、火祭りロードレース振り返り。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20180829232340j:image

 

 

レース振り返り。予想を超える高温レース
f:id:takemaru-yamasaki:20180829232344j:image

 

レースが行われる富士北麓公園陸上競技場は標高約1000m。にも関わらず、まだ日も出てない朝から普通に暑い。

一体これはどういう事なのか…どうやら大会始まって以来の暑さになったらしい。

9時頃には30度くらいまで上がっていたのではないだろうか。台風の影響か思ったより湿度も感じる。

まさに火祭り、いや火あぶりロードレースだ。


f:id:takemaru-yamasaki:20180829232337j:image

飛び賞のボードを見ると、なんとサングラスに当選。ここで運を使い果たしたのか…


f:id:takemaru-yamasaki:20180829232328j:image

この大会は優勝者にはグアムマラソン派遣というビッグなご褒美がある。

「グアム」と書かれたテントを発見してなんとなく記念撮影。

 

 

大会の規模は程よく快適で、少し短めのアップをした後、トイレに行っても余裕で最前列に行けた。

四国勢のたけむらさんとなかむらくんも出場していてレース前はしばし談笑。

スタート直前にマイクが向けられコメントを一言「グアム…がんばります!」

 

レースはスタートしていきなりハイペース。

実業団チームのラフィネ勢に、なかむら君が果敢についていく。しかしこの暑いのにこんなハイペースが持つはずがない。

ぼくはなんとか第2集団につける。たけむらさんが前落ちてくるぞ、と声がけ。

ぼくもそう思う。しかしぼくがもっと落ちるような気もする…。

 

予感は的中し、延々と続く上り坂で全く脚が動かなくなり、一気に失速。

さらに全く聞いてなかったトレイル道まで出現し、完全に心が折れてしまった。

f:id:takemaru-yamasaki:20180830120338j:image

(コースの写真は、まるメンバーの方も出場していたので提供していただきました)

 

f:id:takemaru-yamasaki:20180830093658j:image

一度だけだけど、ハーフで初めて歩いてしまい、途中棄権も頭によぎった。

富士山が見える所は少し気持ち良かったけど、7km過ぎまでいつまでも終わらないような長い上りが続き、その後下りに入るとガタガタな道が続いたりと、予想以上にタフなコースだった。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20180830093855j:image

日陰も多かったので、平地で走り込みするよりはマシか、と思ったけどラスト2〜3kmも実に嫌らしい長い上り坂が待ち構えている。とにかく後ろから今まで経験無いくらい抜かれていった。


f:id:takemaru-yamasaki:20180829232335j:image

タイムは過去ダントツワースト記録の1時間29分台。

キロ4分15秒ペースは普段のジョギングに毛が生えた程度で、レースで走るスピードではない。

超難コース、高温、高地、夏の練習不足の四重苦が襲いかかってきたのがこの結果だったのでは無いかと思う。絶対に誤魔化しが効かないレースだった。

レースはなんとなかむら君がラフィネ勢をぶっちぎり衝撃の圧勝。見事グアムマラソン派遣を掴み取った。いいなぁ。

しかしぼくは上位30人くらい辞退しても届かない順位。悔しがる資格もない。

 

苦しい夏は続く。秋マラソンに向けて、仕切り直しだ。

 

 

火祭りロードレース結果

 

1時間29分43秒

  SORTIE MAGIC LT / ターサーソックス / POLAR M430  

 

☆ハーフのワーストタイム更新…

・高地と暑さも合わさり全国屈指の難コース。ベストタイム+7〜8分は覚悟しておいた方がいいかも。

・途中トレイルコースや下りでガタガタ道もある。日陰は気持ち良い

・大会規模は適度で人が多過ぎず快適。

 

 

吉田の火祭り、河口湖、食べレポ

 

f:id:takemaru-yamasaki:20180829233957j:image

さて、終わったことは終わったこと。

ネガティブな感想が増えるので、こんな時こそ笑顔でグルメと観光を楽しみましょう。

レース後は名物吉田のうどんが無料でもらえます。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20180829232702j:image

とにかく暑かったのでシャワーで身体を冷やしてから、台北のようにマンゴーかき氷とタピオカミルクティーを購入。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20180830100225j:image

プラスアイス入りコーヒーまで。この日は冷たいものはバカ売れしたでしょうね。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20180830120111j:plain

もうちょっとじっくり施設見学してみたかったですが、富士北麓公園陸上競技場は日本代表の短距離チームも合宿していたそうです。

 

 

 

 f:id:takemaru-yamasaki:20180829233706j:image

夜は日本三奇祭の一つ、「吉田の火祭り」を初体験。

屋台で食べ歩きながら、じっくり見物しました。

途中火の粉が足に飛んできてヤケド。ロードレースも本物の祭りも火あぶりの刑に遭う散々な1日でした。でも楽しかったかな。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20180830120135j:image

屋台にあったトルコ料理ケバブ

 

f:id:takemaru-yamasaki:20180829232755j:image

次の日は、あまり時間がありませんでしたが、軽くジョグして河口湖を見学。


f:id:takemaru-yamasaki:20180829232750j:image

周辺は道が狭くあまり走れるような所は無かったけど、富士山も見えて美しい場所でした。


f:id:takemaru-yamasaki:20180829232758j:image

近くのお店に寄り道して山梨名物ほうとうで朝食。

具がたっぷりでランナーには美味しくて嬉しいですね。


f:id:takemaru-yamasaki:20180830101307j:image

そしてお次は隣の素敵なチーズケーキのお店へ

 

f:id:takemaru-yamasaki:20180830101344j:image

やっぱりデザートは欠かせません♡

 

f:id:takemaru-yamasaki:20180830101410j:image

あっという間に帰る時間に。ホテルは富士山駅の一つ隣の駅になる月江寺駅の近くで、外国から登山に来た人が沢山泊まっている小さい宿でした。

帰りは富士山駅からバスで新宿まで2時間程度、往復3500円程度とお手頃な価格ですが、人気なようで早めの予約が必要です。

というか後で気づいたのですが、羽田からそのまま行けたみたいです(涙)

富士山駅~羽田空港線 - 富士急行バス

 

f:id:takemaru-yamasaki:20180830120045j:image

でもバスタ新宿にあるセレブな雰囲気のお店でランチを食べれたのでよかったことにします。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20180830102403j:image

富士山駅で買ったドラ焼きをバスの中で食べました。スタッフ一押しらしくとてもおいしかったです。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20180830102839j:image

羽田に着いたら大好きな高級カレーうどん屋「cuud」で早めの夕食。

 

f:id:takemaru-yamasaki:20180830103201j:image

出発までJALラウンジでまったり…

遠征で結果がダメだった時の待ち時間や移動中は一人考え込んだりして切ないものです。

でも、これも引っくるめてマラソン旅の魅力。明日があるさ

 

NEXT RACE…9/28くいしんぼマラソンorトラックレース??