まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます

真夏の激闘、四国選手権10000m・5000m振り返り【初表彰台&W入賞!!】

毎年恒例・真夏の四国選手権。長距離種目は昼前後のスタートで本当に過酷です。

今年は地元開催という事で、2種目頑張って走ってみました。 

2日間の激闘を振り返っていきたいと思います。

 

 

 

1日目・ 10000m

 

f:id:takemaru-yamasaki:20170826185503j:plain

 身が引き締まる"TEAM高知"。ちなみにシューズは10000mはいつものマラソンシューズより若干薄いSORTIEMAGIC RP3

 

自信は無いが、とりあえずつける所まで先頭集団で行ってみようという作戦。

1km3分10秒くらいのペースが希望だったけど、少し速い3分05秒あたりで大塚製薬の選手が引っ張り、少し後半に不安を感じつつも、なんとか行けるだろうという感じだった。気温も暑いけど、全身に熱がこもるようなしんどさはなかった。

次第に最初は勢いがあった周りの選手もどんどんペースダウンしていき、5000mを過ぎると4人の争いになっていた。想定よりだいぶ速い15分27秒で通過。

かなりきつくなってきたけど、もうここまで来たら6000-7000mで一気にガクっとこようが行くしかない。

 

そしてここまで先頭の後ろにピッタリつけていた愛媛の強豪ルーキー社会人N村くんが脱落。遂に集団は3人に、初の表彰台が見えて来た!

 f:id:takemaru-yamasaki:20170829075644j:plain

とはいえ、ぼくもいっぱいいっぱい。7000m付近で2番手につけていた選手とほぼ同時に離れる。

一時は前に出て引き離したが、再び逆転されてしまった。ここは戦術ミスだったかも。

ラスト1000mは完全に力尽き、ほとんどペースアップできなかったものの必死でゴールを目指し3位は確保した。

f:id:takemaru-yamasaki:20170829075654j:plain

練習内容から考えて、なんとか入賞を狙えるかな、といった感じの目算だったが予想外の3位。夏場の最高タイムを20秒以上更新したのも驚きの結果だった。

本当に過酷なレースだったが、今ある力を出し尽くす事ができた。

 

ちなみにぼくはアウトレーンに用意されていた給水を一度も取らなかった。

スピードに余裕が無いので極力無駄なエネルギー浪費を割ける事、高温の汗見川やアンコールエンパイアハーフを経験してきたので10km程度の距離なら水を摂らなくても保つと考えたのが理由だ。

他のトラック・駅伝ランナーには無い経験が、猛暑のレースにおいてぼくのアドバンテージになったように思う。

f:id:takemaru-yamasaki:20170829075703j:plain

四国選手権、社会人になったから初の表彰台(高校の時ジュニア3000mの部で2位になった事がある)。

狙ってた時もなかなか獲れなかったのに、不思議な気分だった。

f:id:takemaru-yamasaki:20170829075712j:plain

 やったぜ。

 

 

 四国選手権1日目・10000m結果

 

31分23秒98(4位)気温33℃湿度47%

🏆初の四国選手権表彰台! 

🏆夏の最高タイム20秒以上更新!

  SORTIEMAGIC RP3 / プロパッドRソックスPOLAR M400 HR   

 

400m毎LAP

74"2
71"7
74"3
73"0
74"6
74"0
74"8
74"4
74"5
74"2
75"4
74"5

[5000m15:27]
74"6
73"6
74"2
74"5
74"5
76"3
77"9
79"4
78"3
78"7
77"7
77"3
76"5
[後半5000m15:56]

 

・10000m結果

http://npo-kochi.sports.coocan.jp/taikaikekka/17/08shikokusenshuken/rel012.html

 

 

 

二日目・5000m

 

 f:id:takemaru-yamasaki:20170829074021j:image

さすがにお疲れモード。二日目5000mは11時35分スタートで、前の日の10000mからあっという間のように感じられた。
なんとかテンションを上げてウォーミングアップを始めたけど、レース開始30分前くらいから猛烈な疲労感が襲い、若干目まいや吐き気も。

走り出した調子次第では途中棄権も少し頭をよぎった。

f:id:takemaru-yamasaki:20170829075727j:plain

とにかく1km3分切るペースではほとんど走ってなかったので、最初のスピードについていけるかが鍵。5000mは長距離用スパイクの LD JAPAN 。

一応クロカンで履きならしたので、少しスピードの助けになってくれるのを期待。

 

レーススタートして出だし200mこそゆっくりだったものの、やはり72秒ペースがきつい。

それでも苦痛に耐えながら後方集団で待機していたら、脚のリズムは合ってきてついていけそうな感じになってきた。それほど急なペースアップはなく、ジリジリ消耗戦になってくればこっちのもの。

なるべく集団の中で落ち着くように心がけていたけど、徐々に欲が出てポジショニングを前へ前へと進めて行く。やはり10000mと比べると接触やペースの上げ下げはあったが、位置取りはまずまずうまくいったと思う。

 

いつもならドーンと足にくるタイミングである3000mを通過しても、疲労感に急激な変化は無し。気づいたら大塚製薬勢も脱落していて、ぼくを含め4人の優勝争いになっていた。

まさかの2種目表彰台も…?そう甘くはなく、前がジワジワペースアップで勝負を仕掛けてきてラスト1000m手前で脱落。前二人も落ちて来ていたので必死に追ったが、抜く体力は残されておらず4位でフィニッシュ。

f:id:takemaru-yamasaki:20170829075736j:plain

それでも今回も四国選手権5000mの最高タイム(15分19秒)を大幅に上回る15分08秒、順位も過去最高の9位からだいぶジャンプアップし初入賞だった。

猛暑の2種目挑戦、ここ最近のスピード練習の内容を考えると自分でもよく頑張ったと思う。

 

連戦はちょっとムチャかなとは思いつつも、今回は地元開催という事で両方出場の依頼を引き受けた。

5000mに関しては気負いは無かったが、短い距離でもこれだけ力を出せたのは驚きで、10000mの表彰台に負けないくらい充実感のあるレースになった。

ここ数年力を入れてきたハイレベルな有酸素ベース強化の成果が出た結果だと思っている。

このままいけば、秋はもうひと化けできるかもしれない。少し休んで涼しくなってきたらより質の高い練習を入れて行きたい。

 

最後に、今回はまるRCのメンバーが沢山応援に来てくれ、1人よりみんなの力、応援の力は大きいという事も改めて実感できた。暑い中本当にありがとうございました。

 


四国選手権ニ日目・5000m結果

15分08秒23(4位)気温32℃湿度52%

🏆5000m初入賞!

🏆四国選手権最高タイム10秒以上更新!

 LD JAPAN / プロパッドRソックスPOLAR M400 HR   

 

400m毎LAP

(200m)37"1
72"8
72"2
70"1
72"5
73"4
72"9
71"9
71"9
71"3
74"8
75"3
71"8

1000m・3'02"

3000m・9'03" 

 

・5000m結果

http://npo-kochi.sports.coocan.jp/taikaikekka/17/08shikokusenshuken/rel011.html


NEXT RACE…松江玉造ハーフマラソン