まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます

ゴールドコーストを終えて、今後の目標

すっかり帰国後ゴールドコーストロスになってしまいましたが、秋~冬に向けてレースの予定は続々と決まっており、決して次へのモチベーションを見失っているわけではありません。

 

例年どおり、ゴールドコーストマラソンが終わった7月は年に1度の身体をリフレッシュさせる期間とし、蓄積された疲労や慢性的なダメージを取り除いていきたいと思っています。

特に長く続いている右臀部の痺れについてはなんとかしたい所なのですが、梨状筋のストレッチや筋トレ、プールや鍼治療も試してみたいです。


また今のうちマラソントレーニングやレースの多い時期に不足していた筋力強化にも力を入れたいと思っています。


昨年は7月に体重が増え過ぎてしまったので(クッキーとアイスの食べ過ぎ)、距離を落としつつもスムーズにレースシーズンに移行していけるようしっかり身体作りをしていきたいです。

 

まずは本山町の汗見川清流マラソンがありますが、なんといってもその次のカンボジア、アンコールエンパイアハーフマラソン

 

一体どんなレースになるのか想像できませんが、”海外初タイトル”をぜひとも獲得しておきたい所です。

 

その後はひろしまクロカン。大好きなクロカンレース、実業団のトップランナーも集まるハイレベルな大会で刺激を入れに行きたいと思っています。

 

そしてゴールドコーストにいる時に連絡をいただきましたが、四国選手権の10000mと5000mの高知代表に選ばれました。

5月の高知県予選に出場していなかったので意外なダブル選出ではありましたが、今年は地元開催(春野陸上競技場)。
非常に暑さが厳しい中の過酷なレースというのは承知の上で、両種目チャレンジしてみる事にしました。

 

春はハーフマラソンを徹底的に走りましたが、これからうまく10km前後のレースも入れてより様々なレース展開に対応できる強さをつけていきたいと思っています。

 

そしてやはり秋の最大の目標はおかやまマラソンです。
昨年は暑い時期はほとんど走り込みをせず軽さのみで仕上げましたが、やはりそれでは秋のマラソンには間に合いません。うまくダメージを残さないように夏場も長い距離を入れていく予定です。

f:id:takemaru-yamasaki:20161115081208p:plain

おかやまマラソン。30kmまでは優勝した池田選手とマッチレースも、その後大失速。なんとか7位入賞し招待枠は確保しました。

 

まとめ

①一旦ダメージをリセット。特に右臀部の痺れの改善に取り組む。

②ゼロから身体作り・筋力強化、ストレッチ(ヨガ含む)。練習量落としつつもなんとか体重はキープしたい。

③10km(クロカン、トラック)のスピード強化。ペース変化の対応、レース展開の幅を広げたい。

④おかやまマラソンに備えて、夏場も疲れを溜めないように長い距離を入れる。

 

 

・おかやまマラソンまでの予定

7/31汗見川マラソンハーフ

8/6アンコールエンパイアハーフマラソン

8/19ひろしまクロカン8km

8/26四国選手権10000m

8/27四国選手権5000m

9/24松江玉造ハーフマラソン

10/8龍馬脱藩マラソン・ハーフ

10000m?

11/12おかやまマラソン