まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます

アメリカLetsRun.com公認"レッツラン・ジャパン"の編集者として関わらせていただく事になりました。

今月からSUSHI-MANこと河原井司さんが開設した”レッツラン・ジャパン”の編集者の1人として関わらせていただく事になりました。

 

LetsRun.com Japan – アメリカLetsRun.com公認。海外の陸上競技の情報を日本へ

f:id:takemaru-yamasaki:20170619150621p:plain

 セイコーゴールデングランプリ陸上2017川崎:男子3000mSC

©2017 SushiMan Photography

はじめにletsruncomjapan.wordpress.com

 

Letsrun.comは日本ではあまり馴染みが無いかもしれませんが、簡単に説明すると、世界で最も有名な陸上中長距離情報サイトです。


その本家Letsrun.com公認の日本語版サイトがレッツランジャパンです。
現在は過去の良記事ピックアップや海外選手のトレーニング情報を中心に記事を投稿しています。



個人的な見解ですが、東京五輪を目指すにあたって、戦う相手は世界のランナーにも関わらず、日本の長距離関係者やメディア、ファンは海外の情報に関してあまりにも無関心過ぎると思います。

サッカーのクリスティアーノ・ロナウドやテニスのロジャー・フェデラーは誰でも知っているのに関わらず、これだけランニングが盛んな日本で世界のトップに関心を寄せるのはごく一部のマニアのみ。

日本人の中でも、世界大会で入賞した選手より国内の学生駅伝で活躍した選手の方が遥かに知名度が高いのが現状です。


もちろん、独自に発達した駅伝文化のおかげで世界有数の選手層の厚さや、世間からの高い注目度を保っているわけで、決して否定しているわけではないのですが、そのような日本の強みも、世界に目を向ける事でより明確に視えてくるのではないでしょうか。

道は一つではありません。世界の情報を知る事で、川内優輝選手や大迫傑選手のように今までのパターンとは違う、新たな道を切り拓く日本のランナーがこれから増えていく事を願っています。

自分としては微力ながら、新しい流れを作るキッカケの一つになれればいいなと思っています。

 

[過去記事ピックアップ]ゲーレン・ラップ、2010年シーズンについて振り返る – LetsRun.com Japan

 

[過去記事ピックアップ] ゼーン・ロバートソンインタビュー(2015) – LetsRun.com Japan