まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます

春のハーフマラソン強化期間を振りかえってみる【宿毛~山中湖ロード】

春のハーフマラソン強化期間」と位置づけていた連戦が5月最終週の山中湖ロードで全て終了しました。

f:id:takemaru-yamasaki:20170504081058j:plain

ここ数年取り組んできた事ですが、改めてハーフマラソンを速く、コンスタントに走る重要性を強く感じたぼくは、この春は今まで以上により多くのハーフのレースをスケジュールに組み込みました。

 

ここで全ての結果、手応えがどうだったのかを振り返っていきたいと思います。

 

 

4/2まつの桃源郷マラソン 

 

www.takemarun.com

1時間12分24秒(1位)

 

ハーフマラソン強化期間で掲げていたテーマは、「自己ベストの更新」と「ローカルレースを単独走でもキッチリまとめて走る」という事でした。

しかし想定外だったのが、愛媛マラソン後に無理をしてしまった影響で、小さい故障が相次いでしまった事。

まつの桃源郷マラソンの前は右足首を痛め、ギリギリまで出場を悩みました。

しかし走ってみると思った以上に良いペースを維持でき、急なアップダウンやカーブは慎重に走りましたが、このコースとしてはまずまずの1時間12分台。

ベースとなる持久力が上がったのを実感でき、ある程度気持ちに余裕を持って以降のレース連戦に備える事ができました。

 

 4/16宿毛マラソン

www.takemarun.com

1時間11分32秒(1位)

 

桃源郷マラソン後はしっかり足首を治し、宿毛に向けてスピード練習はほとんどしていませんでした。さらに当日はかなり気温が上がり、20℃超えの高温多湿な条件。

 

ペースを抑えて無難にこなすという手もありましたが、走りのリズムは良く、恐れず押していったらそのまま行けました。

2年前はかなり失速して1時間15分かかってしまったので、とても良い内容だったと思っています。

 

 5/3朝霧湖マラソン

ww.takemarun.com

1時間11分01秒(3位) 

この時期にはスピード練習もいよいよ再開し、調子が上がってくるのを感じていました。
自信を持ってレースに挑んだのですが、ここはライバルが強かったですね。ここで連勝はストップ。


自分の結果としては、ここも2年前の朝霧湖のタイムを2分以上縮めれて今のベストは尽くせたと思います。

ただここまで激戦になるとは思ってなく、故障明けから急いで仕上げたのもあってこの辺りから若干疲労を感じてきました。

 

 5/14仙台国際ハーフマラソン

www.takemarun.com

 1時間7分57秒(34位)

いよいよ勝負レースの仙台国際ハーフ。全国レベルの大会です。

この時期は練習でも集中し過ぎてしまったためか、直前で少し体調を崩してしまいました。
天気も悪く、走っている時はあまり良い感じはしませんでしたが、丁度良いペースの集団になんとか踏みとどまり、久々に1時間7分台で走れました。

15kmまでは自己ベストも視野に入っていたので、少しもったいなかったなという悔しさは残ったものの、短い期間でここまで持ってこれたことに確かな成長と手応えを掴めました。

 

 5/28山中湖ロードレース

www.takemarun.com

 そして最後のレース。
こちらはレベル的には今のぼくにピッタリではないかと思っていたのですが、少し見積もりが甘かったようです。


1000mほどの準高地の影響もあってか全く踏ん張れず、なんとか入賞は確保したものの唯一納得のいかない内容のレースになってしまいました。

心身共に色々疲れが溜まっていてレースに集中できず、遠征としても色々失敗してしまいました。


終わってみれば、これも良い経験だったとは思いますが。

 

ロードランナーとしてのレベルアップを実感


愛媛後は故障が続いた中で、4月からは予定どおりスケジュールを消化できた事にはホッとしました。

 

振り返ってみると、”アップダウンの多いタフなコース”、”高温下のレース”、"高速レース"、"準高地でのレース"と、この連戦で様々な要素を組み込めたのが良かったのではないかと思っています。

 

自己ベストは更新できませんでしたが、確実にベースが底上げされ、ロードランナーとしてレベルアップしている事が実感できました。

 

この経験が必ず次のマラソンでも活きると信じています。

6月のレースは北山林道駆け足大会のみ。じっくり高知で調整し、7月のゴールドコーストに向けて調整していくつもりです。