まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます

【伝統の育成大会】10マイルロードレースまとめ

今回はちょっとマニアックな10マイルロードレース大会をピックアップ。

 

10マイルはキロに直すとだいたい16.09KMになります。

欧米か!と言われそうですが、意外と日本は10マイルの大会が昔から競技的には重要視されており、実業団選手のニューイヤー駅伝のメンバーを選考する場にもなっています。

この絶妙な距離の大会、ランナーなら一度は体験してみてほしいです。

 

 

唐津10マイル


第52回唐津10マイルロードレース 一般男子10マイル

 

 

唐津10マイルロードレース大会 - Wikipedia

 第57回 唐津10マイルロードレース大会(佐賀県 唐津市 唐津市陸上競技場) - スポーツ大会の検索&参加申込みなら「スポーツエントリー」

 

2月上旬に佐賀県唐津市で行われる長距離ファンにはお馴染みの大会。数多くの国内トップランナーが集結する事で有名です。

九州の大会の中ではまずまずアクセスが良いので、行ってみたいと思っているのですが、やはり注目大会が多過ぎてなかなか実現には至らなそうです。

 

 

幸手さくらマラソン 

 

NPO法人クラブ幸手 幸手さくらマラソン


埼玉県幸手(さって)市で4月上旬に開催される大会。

川内優輝選手やソウル五輪日本代表の浅井えり子さんといったゲストランナーも豪華です。比較的大会数が少ない時期なのではないでしょうか。チェックマークを入れている大会です。

 

かすみがうらマラソン・10マイルの部

 

f:id:takemaru-yamasaki:20160906152443j:plain

・ かすみがうらマラソン

 

日本唯一の国際陸連公認コースでもある「かすみがうらマラソン・10マイル」の部。

ぼくはこの大会で初めて10マイルを走りました。

大学招待選手を中心にかなり実力者揃い、終盤は今まで経験した事のないような強風も受けてイマイチな結果になつてしまいましたが、コース自体は序盤の坂以外はフラットでとても走りやすいと感じました。またこの大会はリベンジしたいですね。

 

www.takemarun.com

 

 

甲佐10マイル

 

 熊本甲佐10マイル公認ロードレース大会 - Wikipedia

 

こちらが実業団選手の間では、正月のニューイヤー駅伝に向けて重要な大会として位置づけられる熊本県甲佐町の10マイルレース(11月末~12月上旬開催)。


甲佐10マイル 一般は神野が優勝

出てみたいけど熊本はちょっと遠い。九州の中でも熊本は本当にロードレースの本場。沢山の強化を目的とした競技者向け大会が開催されています。

 

 

関東10マイル

 

runnet.jp

 12月中旬に成田で開催される大会。

実は日本一の歴史を持つ、世界的に見ても有数の長寿大会です。まったく知られていないような気がしますが…

そんなに大会が多い時期でもないのでいずれ出てみたいですね。

 

PR

昭和12年3月28日に第1回を開催し、以後、戦前・戦中・戦後を通して挙行した大会であり、多くの有名選手が参加した大会でもあります。

 

10マイルレースの活用

 

走力にもよりますが、マラソントレーニングの一環として”本番のマラソンペースか、それより速いペース”で走るレースとしては15~20km(orハーフマラソン)あたりが適していると言われています。

しかし個人的には、ハーフマラソンだと少し疲れがあったりリズムに乗れない時は、つい集中力が続かなくなってしまいマラソンの中間地点通過ペースより遅くなってしまう事がしばしばあるんですよね。
これだと一定のペースを維持する刺激は少なくなってしまいます。

 

10マイルなら、マラソンに必要なスピード持久力を鍛えやすく、長い距離を走ったダメージも抑えられて強化に使いやすい便利な距離なのではないかと思っています。

 

また、もう少し短い10kmくらいの距離のレースもマラソンのためのスピード練習としてはとても有効だと感じているのですが、10マイルだと「10kmとハーフの利点の良いとこ取り」ができるようにも思います。

 

やはり長距離が盛んな九州で伝統的な大会が続いているのにはそれなりの理由があるようです。

 

それほど大会数は多くなく、競技者向けの大会が中心ですが、ぼくも走った「かすみがうらマラソン10マイルの部」は市民ランナーも出れる公認大会で走りやすくとてもオススメです。


ローカルな大会では近いくらいの距離は意外とすぐ見つかるかもしれません。 

高知ではおなじみのテレビ高知(KUTV)健康マラソンも14kmと長すぎず・短すぎず挑戦しがいのある距離になっています。

http://www.kutv.co.jp/marathon/

 

スピード不足を感じているマラソンランナー、ハーフはちょっと長いと感じるビギナーも10マイルか少し短いくらいの距離の大会を探してみてください。きっと新しい気づきが見つかるはずです。