まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます

おかやまマラソンまであと3週間。(練習日記10/16-23)

月AM10  PM10

火AM16  PM8

水AM16  PM8

木AM16  PM8

AM1km×10(r90")3:05/07/04/05/05/08/08/11/08/04  gym

土AM12 マラソン完走教室 PM15 まるRCin東部

AM32kmLR(25-30kmHard・2kmEasy・ave3:57/km)

T・176km

体重62.4kg

 

 

週前半は足の爪や皮にダメージがあったので慎重に調整していましたが徐々に練習の密度が濃くなってきました。

1kmインターバルも後半少し落ちたもののまずまずの内容で、それほど疲れを溜めずに調子を維持できているようです。

https://www.instagram.com/p/BL6EhXeDuRz/

今日の練習‥‥32kmクロカン(ave3:57/km)#おかやまマラソンまであと3週 #M400 #ターサージール #パワーバー #春野クロカン #昼〜夕方

 

何気に半年振りの30km以上のロング走でした。

いい流れが来つつあるので、あとは故障にだけは気をつけて調整していきたいです。

 

 

遅れあそばせながら、シカゴマラソン雑感

10月9日に行われたシカゴマラソンの録画(フジテレビNEXT)を見ました。
ベルリン&大邱世界陸上2連覇のアベル・キルイ選手が2時間11分23秒という平凡なタイムながら久々の復活優勝。
旭化成の深津選手も先頭集団に食らいつき7位と健闘しました。

 

シカゴはフラットな高速コースとして知られているのですが、昨年からペースメーカーをつけないという試みをしたためタイムより勝負重視の駆け引きが中心となり、細かいペースチェンジの動きがなかなか見ていて興味深かったです。

解説でも日本の選手はこういう時どんな走りをすればいいのか、という話になっていました。

スローからの急激なペースアップには対応できないし、かといって初めからペースが速すぎるとついていけないし、自ら前に出てもペースメーカーになるだけだし…

 

ぼくなら一番強い選手のスパートを待って、それにある程度対応しつつ落ちてくる選手を拾って上位を狙うか、やっぱり目立ちたくなって先頭を引っ張るかとか色々シミュレーションしていました。

 

考えてみると周りは自分より格上ばかりだけどスローで駆け引き重視という展開は日本の大会ではあまり経験できないでしょうか。

 

ワールドマラソンメジャーズのトップ集団で走れたら最高ですよね。夢はでっかく。