まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます

愛媛マラソンが凄い!

1万人規模の大都市マラソンでランネットでも総合評価なんと98点と大人気の愛媛マラソンは今年もすごい盛り上がりだったようです。

この大会は主催者の南海放送の力の入れっぷりがハンパではなく、特にレース中継のクオリティの高さは国内主要マラソンと見間違えるほどです。


南海放送youtubeチャンネルではなんとレース数時間後にレースのダイジェストがアップ。ラストの競り合いがアツい。

image
南海放送チャンネルより

マラソン観戦マニア的な視点で見ると、ラストの競り合いをこの角度から撮れるのが凄いです。南海放送さんのマラソン中継のクオリティの高さがわかります。
実業団や大学勢もエントリーしていて高速レースも予想されましたが、やはり和田選手と井上選手は勝負強いですね。



レース前の招待選手紹介映像もなんと10人分


5時間台のフィニッシュランナーの映像もしっかり


全ランナーのスタート映像まで。


これぞみんなが楽しめる大会
日本の場合はどうしても昔は競技者向けのマラソンが主流だったためか、どうしても大規模市民マラソンと分けて考えられがちですが、世界の主流は東京マラソンのような”総合エンターテイメント的”な大会のはずです。

愛媛マラソンは走る人も沿道で応援する人も、テレビやラジオでああだこうだ言いながら観るのが好きな人もみんなが楽しめる大会ではないでしょうか。

もちろん色んな大会があって良いのですが、テレビ中継もするような大規模な都市マラソンが「いやまぁファンランナーが楽しむマラソンだから…」だけで終わってしまえば、せっかくの可能性にフタをしてしまっているように思うのです。

高知龍馬マラソンは川内選手が出場したのがキッカケで、中継車が2台体制になったとか。
川内選手の参戦がいつの間にかスポーツ中継の技術アップにも貢献しているのです。

南海放送youtubeを使った情報配信も素晴らしいですね。ここらへんは全国中継される国内主要マラソンも見習ってほしいと思うほどです。


ただやっぱり2月は悩ましい時期で、これだけは各大会話し合ってもらってなんとかしてほしいものです…。