まるランニングマガジン

まるランニングマガジン

高知のマラソンランナー・山﨑竹丸が走る事をもっとディープに楽しむ情報を発信していきます。まるランニングクラブ代表

ゴールドコーストマラソン

ゴールドコーストマラソン合宿振り返り・後編、帰国まで

ゴールドコースト合宿振り返り後編。 ブリスベンのレースを終え、いよいよゴールドコーストで腰をすえてじっくり走り込みを行う強化合宿らしい毎日になります。 ・8/26(月) AM18km 本日は回復日で朝の練習のみとしました。合宿といっていきなり練習量を増や…

噂の土曜朝5kmランイベント「パークラン」に初参加してきました[Main Beach]

ゴールドコースト合宿10日目の朝、この日は噂の土曜朝5kmランイベント「パークラン」に参加する事に決めていました。 「パークラン」とはイギリス発祥のイベントで公園の決められた5kmコースをみんなで走る、というシンプルなもので参加費は無料。コースの誘…

初めてのゴールドコースト合宿振り返り[前編・到着、ブリスベンレース出場]

初めての試みとなった、ゴールドコースト合宿について振り返っていきます。 まずは前編、移動やレース出場等でバタバタと過ぎ去っていきました。 ・8/21(水) AM12km 高知〜成田〜ゴールドコースト移動 今回はまるRCに来てくれている学生が夏休みで暇だから付…

ぼくがなぜ夏合宿の場所にゴールドコーストを選んだのかを解説していく

昨年酷い猛暑で夏場の練習に苦しみ秋も低調を引きずった事から、今年は国際陸連ブロンズラベルの神戸マラソンで海外招待選手と本気の勝負するため、本当に久々の夏合宿を、それも海外のゴールドコースト(あちらは冬)で行う事を決めました。 ”合宿“というと言…

初めてのゴールドコーストマラソン合宿を行う事になりました。

初めて、なんと先月行ったばかりのゴールドコーストで合宿を行うことになりました。 ゴールドコーストで合宿を行うのは長年の夢の一つでしたが、ようやく実現します。 ぼくにとって本格的な合宿自体、7年振りになります。 なぜこれまで間が空いてしまったか…

高知発!ALLジェットスターで行くゴールドコースト遠征2019(レース後編。ブリスベン観光etc…)

ゴールドコーストマラソン2019レース後の模様、打ち上げや観光等を振り返っていきます。 日曜(レース、リカバリー、打ち上げ) 月曜・ブリスベン観光、食べ歩き 火曜・帰国日…。やっと最後に日の出が! 日曜(レース、リカバリー、打ち上げ) ↓レース詳細振り返…

高知発!ALLジェットスターで行く、ゴールドコーストマラソン遠征2019振り返り[レース前準備編]

とうとう6年連続となった、ゴールドコースト遠征振り返り。レース前移動編から。 1日目・木曜。移動編。 2日目・金曜。スペシャルドリンク預け、ルールミーティング 1日目・木曜。移動編。 12月からジェットスター就航に伴い、高知から成田に直接行けるよう…

ゴールドコーストマラソン2019振り返り[異例の悪天候、25kmまで高知県記録ペース]

今年もシーズンの締め、そしてサブ2:20追試レース、ゴールドコーストマラソン2019振り返り。 前半戦。ハーフを過去最速を大幅に上回るペースで通過。 後半戦。試練の単独走。 ゴールドコーストマラソン2019結果 今年は現地についてから異例の雨と暴風に悩ま…

カンタス航空で行く、まるRCゴールドコーストマラソンツアーDX振り返り【レース後・バイロンベイ&シドニー観光編】

まるRCゴールドコーストマラソンツアーDX振り返り後編。 昨年は初めてのまるRCツアー実現で浮かれてレース前に遊び過ぎてしまった反省を活かし(T-T)、今回はレースをしっかり備えて、終わった後観光を心置きなく楽しむプランにしました。 あっという間に過…

カンタス航空で行く、まるRCゴールドコーストマラソンツアーDX振り返り【レース前・波乱の幕開け&準備編】

今年も昨年に引き続き、HISと協力したツアー企画としてまるRCメンバーでゴールドコーストマラソンに参加しました。 今回はゴールドコーストに行くなら定番の格安航空(LCC)ジェットスターではなく、カンタス航空を利用しての4泊6日、高知発でも時間の無駄…

ゴールドコーストマラソン2018エリートランナーリスト

ゴールドコーストマラソンのエリートランナーリストが発表されています。 毎年出場している川内優輝選手をはじめ、これほど日本の有力が出場する海外マラソンは他にありません。フラットなコースだけでなく、安定した気候の良さも認知され、様々な地域から有…

高知発!ゴールドコーストマラソンツアー全6日間の旅を振り返ってみた

遂に実現した高知発ゴールドコーストマラソンツアーの長くてあっという間だった全6日間の旅を詳しく振り返ってみました。 日程等、興味ある方は色々と参考になるのではないかと思います。コーヒーでも飲みながら、じっくりとお楽しみください。 6月29日…

ゴールドコーストマラソン2017レース振り返り【ありがとう、GC】

起床は3時50分。眠いけど、昨年6時スタートのハーフも経験したのでそこまで早いとも思わなくなった。 一旦HISのテントへ移動した後、エリートアスリート用のウォーミングアップエリアへ。 来年の英連邦大会でも使われる水泳会場がエリートアスリート用の…

4度目のゴールドコーストマラソンに向けて

いよいよ出発の日が迫ってきました。 昨日締めの5kmマラソンペース走を行い、自己ベストを出した2月の愛媛マラソンの前よりかなり速いペースでこなせました。 長い距離のレースで冬場のようなピークに持っていくのはなかなか難しいと感じていましたが、ここ…

改めて、ゴールドコーストマラソンがとてもオススメな理由を10挙げてみた

ぼくの初海外マラソンの舞台となり、気がつけば毎年出場しているゴールドコーストマラソン。 改めて、色んな面から見て海外マラソン初心者にはイチオシだと自信を持って言える大会です。 今回はゴールドコーストマラソンのオススメポイントをどんどん挙げて…

ぼくのゴールドコーストマラソン振り返りレポートまとめ【4年連続出場】

ついに念願であったまるランニングクラブ×HIS ゴールドコーストマラソンツアー が実現する事になりました。 ぼくがゴールドコーストマラソンに初めて出場した2014年から、今年で4年連続の出場になります。 ここではこれまでのレポート記事をまとめてみ…

移動・食事・宿泊、費用…気になる情報をまとめてみました[ゴールドコーストマラソン2016番外編]

移動について。はじめてのカンタス航空 食事について 宿泊について 昨年の宿泊所・マントラレジェンズホテル 費用について 移動について。はじめてのカンタス航空 過去2回はLCC(ローコストキャリア・格安航空会社のこと)のジェットスター航空を利用しての移…

レース後はお楽しみのシドニー観光。【ゴールドコーストマラソン2016番外編】

レースが終わって、そのままシドニー観光編へ。ゴールドコーストからシドニーは16:00→17:30でしたが、もう少し早く着いたように感じました。広いオーストラリアですがここは高知→東京とそんなに変わらない距離ですね。そこからタクシーで移動。キャピタルス…

3度目の挑戦。ゴールドコーストハーフマラソン2016レース編(+土曜日10kmRUNレポート)

三度目のゴールドコースト、初めてのハーフマラソンを振り返っていきます。 レース編 (土)Southern Cross University 10km Run レース編 スタート前の日本語場内アナウンスでは、強豪実業団ランナーと並んでぼくの名前もしっかりコールされる。 やはり注目選…

ぼくがゴールドコーストハーフマラソンをオススメする理由

2016年前半シーズンのゴールであり最大の目標は今年もゴールドコースト。 なんですが、今回初めて併設されているハーフマラソンの部にエントリーすることになりました。 「え、なんでハーフ?」と思った方も多いかもしれないので、その選択の理由についてズ…

【ゴールドコースト2015・前編】リベンジの舞台へ!マラソン当日に火災発生!?

まさかの大失敗に終わった初の海外マラソン挑戦から1年、ゴールドコーストマラソンに再挑戦に行くことが決定。 今回は友達のサポートも無いのでHISさんのツアーに申し込んで、とにかくコンディションだけは崩さないことだけを心掛けて準備をしてきました。新…

【ゴールドコースト2015・後編】いよいよレース!もう失敗は許されない…

なんだか大変な道のりになってしまったけど、いよいよレース会場に到着。

夢が叶った!はじめての海外マラソンinゴールドコーストの思い出

遂に学生時代からの夢だった海外マラソン出場を決めたのは高知龍馬マラソンで優勝した2014年。なかなか踏み出せずにいたのですが、色々なタイミングがバッチリ重なり、ワーキングホリデー帰りの友人のサポートを受けてゴールドコーストマラソンに出場するこ…

憧れの本の世界へ。バララットの”スティーブ・モネゲッティトラック”を走ってきたよ

メルボルンから車で1時間半ほどの所にある郊外の町、バララット(Ballarat)に行った時の思い出について書いていきます。 オーストラリアのレジェンドマラソンランナーとして有名なスティーブ・モネゲッティさん。マラソンだけでなくトラック、クロスカントリ…

思い出の地、メルボルンで過ごした日々を振り返っていく[グルメ、アートの街]

はじめてゴールドコーストマラソン(初海外マラソン)に出場した後、一緒に行った友達とメルボルンに1週間ほど滞在する機会に恵まれました。メルボルンは世界一住みやすい町とも言われており、異なる民族の文化が融合した芸術的な町並み、食事、たくさんのカフ…